とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

世界フィギュア2019 ピクニック気分で。inさいたまスーパーアリーナ

2019/04/8 掲載分

 

さいたまワールドからはや、二週間

国別に行くことを、いつ同僚に告げようかとドキドキしている

今日この頃。

 

Jスポで、ワールドの放映をやっているので、現地観戦したのに、

ついつい見てしまってます。

 

 初のワールド観戦。

のんびりできて、楽しかったなーというのが第一の感想。

詳細は、また書きますけど、ワールドってアイスショーとも

GFSとも違った味わい(それはさいたまスーパーアリーナだから?)

 

早い時間は、人も少なくて(あかんやん)、

まったりして(それもどうかと)試合なのにギスギスしていない。

まぁ、これは特定の選手に絡む事なので、一概には言えないのですけど、

おかげで製氷タイムには、売店の周辺で飲み食いできて、バレエかオペラを見に来ているかのよう

(ケンタッキーとか、ロッテリアがあって、ちょっとうれしかった)

 

座席でも演技中でなければ、飲み食いOKだったようで、さすがに

ビールなんて飲めませんでしたけど、そういう雰囲気がすごく新鮮だった。

考えてみれば、アイスショーは2~3時間でどんどん演技者を回してナンボだし、GPSは参加者がワールドに比べて半分。

長丁場なんで疲れてしまいますよね。

私も行く前は、すごく寒くて、頻繁に外に出なくてはいけないのではないか、とかおびえていたのですが、むしろ暑くて(これもあかん)

持ってきたカイロは使わずじまいでした。

 

スケジュール的に、アイスダンス→シングル ペア→シングル

なので、日本的には、夜の最終がピーク。

昼間はトイレに行くにも気を遣わなくて済んで、気が楽でした。

 

しかし、これも夕刻になってくると、周りの雰囲気もだんだんと緊迫してきて、つられてお腹が痛くなる、という悪循環を生んできたのでした(笑)

 

でも、また5年後くらいに、来てくれないかな。

ゆるゆると観戦したい。

そして、アイスダンスとペアも堪能したい。

その際は、是非名古屋でお願いしたい(笑)

 

試合以外で気になったところは、

プレゼントボックスですね。

普通は、こういうものだと思っていました

f:id:akochanm:20190408135632j:plain

選手ごとにボックスは分けてあります。

これはアイスショーね。

 

しかし、さいたまではこれでした。

f:id:akochanm:20190408135710j:plain

男子シングル、女子シングル。ペア、アイスダンスという区分けのみ。

 

特に羽生さんなんて足らないじゃないの~?

しかも箱ちっさ! 

シングルの選手だけでも、男子35人はいるんですよ?

ちゃんと仕訳できるのか心配・・・・

 

と思っていたら、こんなツイッターが!

 要は、プレゼントがなくなったということですね。

言わんこっちゃない←言ってない

もうさ、真央ちゃんみたく、プレゼントはいらないから、その分

募金して、っていうのに替えたらどうだろう。

お手紙だけにする。

選手としてもプレゼントは欲しいだろうし、ファンもあげたいと思っている。

でもなくなったらおしまい。

持って帰る大変さも選手にはあると思うし、手作り物で正直いらないものだってあるんじゃないかと思う。

でも、気持ちがこもっているだけに、捨てられないよね。

捨てる事に対しての罪悪感も大きくなる。

そんな気持ちの負担を選手に持ってほしくないなーと

最近思うようになりました。

 

選手がいちいちインスタで、

「こんなにプレゼント頂きました。ありがとう」ってのも結構しんどいよね。

でも、もらって嬉しいってのもあるだろうし・・・

 

選手へのプレゼントも手紙も、思いも、プーシャワーもほどほどに!

ってのが一番ですね。

 

https://b.blogmura.com/sports/skating/88_31.gif

にほんぶろぐ村