とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

THEICE 名古屋観戦記(ダンスバトル編 8/4楽)

毎日暑いです。

THE ICE名古屋公演の時よりマシかもしれませんが、

名古屋近辺は毎日危険な暑さです。

ということで、感想がいっぱいあるのと、暑さで、ブログが遅々として進みません

毎日少しずつでも、頑張ります(待っている人はあまりないかもですが)

----------------------------------------------------------------------------------------------

いよいよ、楽です。

泣いても笑っても、THE ICE2019は終わりです。

ダンスバトルも今日で最後です。

 

本日の対決は、

ヴィンセント・ジョウ VS ギョーム・シズロン

のお二人となりました。

 

お二人のコスプレダンスも楽しみですが、今や

スケーターをも凌駕する、宇野審判長の装いも大いに話題となっております。

 

予告どおり、今年の楽に「宇野昌子」ちゃんはやってくるのか、どうか。

でも昨年どおりだったら、それもちょっとつまらないかな、と思ってはいました。

 

大胆な事を言えば、

ヴィンスとギョームさんの対決に、スケバンザギとMCネイサンが乱入したって

面白いとまで思ってたりもしてました(そんな事はしない)

 

そんなくだらない妄想をよそに、始まりました。

激闘!ダンスバトル!!

 

宇野昌子登場

 

宇野審判長ほか審判団の入場です。

これは・・・・??!!

 

f:id:akochanm:20190806210957p:plain

ポンさんIGSより

 

そうです!昌子です。宇野昌子ちゃんです!!

入場した時のボルテージは昨年を上回っていました。

予告先発みたいなものなのに、どうして?というか、

昨年より完成度が高いからでしょうか。

現に私の周りからも、歓声とともに、

「うそー、すごい、可愛い!

 

ç»å

小松原美里さんのインスタより

ç»å

本田真凛さんのインスタより

 

いや、なんか。。。もう。

良かった、昨年のようなメイクじゃなくて。

今回は、かおちゃんとまりんちゃんの共作だそうです。

衣装は当然 自前、とのこと。

なんでも「ラブライブ」というアニメの、衣装とのことです。

(甥っ子が好きだから、今度聞いてみよう)

 

すごいわ。。。昌磨くんのご両親、買いに行く姿勢もそうだけど、

ラブライブ知ってるってのも・・・・

 

この楽の衣装、まりんちゃんはすごく可愛くて似合ってる。

梨花ちゃんは。。。。。これはなんだろう。

彼女も派手なのを、と用意してあるのを引っ掛けてきたのかな←失礼

 

でも、私もこうやって、一生懸命思い返さないと思い出せないくらい

昌子が衝撃的でした。

 

審判団が主役ではありませんが、これは、バトルのスケーターは

よほどのものを持ってこない限り、勝てません(誰に?)

 

さて、ヴィンセント・ジョウ選手の入場です。

 

 

f:id:akochanm:20190806210831p:plain

ネイサンチェンIGSより 

 

ヴィンスは、昨日までの女装から、和をテーマに変えてきたようで、

着物に袴、鉢巻に二本差し。

武士をイメージしているのでしょうか。

登場も物静かです(笑)

 

対するギョームさんも浅黄のダンダラを羽織って、中は黒のトップスにボトム。

和のものとも洋のものとも取れない、奇抜な格好。

かつ、青いかつら(綾波のか?)に、マスクをして、なにやらマスカレードな雰囲気。

 

いよいよダンススタートです。

もう、決勝あたりになると、ダンスが決めてにならないことは、スケーター両者とも

解っているのか、刀パフォーマンスをしたり、殺陣を演じたり。

ヴィンスが「私は、二本、刀を持っているので負けません」と

言っていたが最後に、ギョームさんに刀を奪われました。

 

そして相討ちとなり、両者ともリンクに倒れこみました。

 

これで勝負あったということでしょうか。(何の?)

 

ç»å

 

ç»å

 

昌磨先生の忖度なしジャッジが光る

司会の蒲田さんに、「今日は大丈夫です」と言ったあと

「まあ、僕が優勝でもいいんですけどね」とあきらかにドヤった後、

スケーターの手を取りに中央へ向かう、宇野審判長。

 

今回は、観客の拍手のボリュームに、あきらかな差があったという事でしょうか。

宇野審判長の物言いはつきませんでした。

勝者はギョームさんです。おめでとう!!

 

最後に宇野審判長より「僕の言葉で」と前置きありのコメントがありました。

(うろおぼえで申し訳ありません)

「ちゃんとしゃべれない僕に、しゃべれない真凛ちゃんに、名古屋から加わった、

梨花ちゃんもしゃべれない。そんな司会に対しても、毎回温かい声援をいただけて、

本当にうれしかったです」

(爆笑&拍手)

「えー、僕は最初、決勝戦はネイサン選手とザギトワ選手になると思っていました」

(観客の悲鳴)

「でも、会場の皆さんは、そういう事に関係なく、自分が本当にいいと思った方に拍手を送っていただいていて、この結果になって、すごいなー(感心した、だったかな)

と思いました」

 

私は友人と後で「昌磨、いいのか、そんな発言して!」

「忖度しても避難されるほどの拍手の差じゃなかったから、そうしても

良かったのに、さすが昌磨だね」と感心することしきり。

こういうコメントを堂々とできるのも、冷静に観客の声を聴いて、

自信を持って、判断したんだね。

 

そのあとの周回ですが、他のスケーターも出てきていました。

ボーヤンなんて、めっちゃ真剣に動画取ってる(笑)

来年のコスプレダンスバトルの参考にするのか、

たまに見返すために?

 

ç»å

   ポンさんIGSより

 

ç»å

   ポンさんインスタより

 

みんな、選手、審判団にタッチを求めています。

まるで観客です(笑)

 

途中まで、ダンスバトル楽しみ!と誰と誰が決勝に行くのかな、と

考えたりして楽しかったのですが、

終わってみれば、もちろんスケーターの人もみんなすっっごく面白かったのですが、

話題は、昌磨にかっさらわれた感じです。

(それはダンスバトルでなく、コスプレバトルに変化したから??)

 

最初はボーヤンが火を付けたと思うのですよ。

マライアちゃんのミニーちゃんなんか、コスプレに入らない(おかしくなってる?)

 

宇野審判長のコスプレの変遷(新潟は、友人から聞いているものです)

 

大阪1回戦→普通のTシャツ

大阪2回戦→学ラン

大阪3回戦→提督

新潟1回戦→Tシャツ

(ネイサンとボーヤンの闘いがメインのためという理由で、と聞いてます)

新潟2回戦→「野菜不足」Tシャツ+うさ耳帽子

新潟3回戦→黒執事

名古屋1回戦→綾波レイ(エヴァ)

名古屋2回戦→和泉守兼貞(刀剣乱舞)

名古屋3回戦→宇野昌子(ラブライブ版)

 

自前の衣装は新潟から、と聞いていますが、名古屋に近づくにつれ、

段々グレードアップしてくのがわかります。

    f:id:akochanm:20190807162411p:plain

    

こんな女の子いるよね?

 

f:id:akochanm:20190807164040p:plain

2015年7月

織田君に、「昌磨くん、やるんだったらやる」と言われていたのに、今や・・・・

 

f:id:akochanm:20190807164129p:plain

2019年7月には

中途半端は恥ずかしいと振り切れるメンタルを搭載。


名古屋市民として、昌磨の成長に涙しかありません・・・・

 

こうしてTHE ICEダンスバトルは終わりました。

 

この後は、第二部。

氷上の雪彪、KGBの申し子(外見だけ)

ミハイル・コリヤダくんの演技です。

 

という事で、演技の観戦記は、次回以降に!

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村