とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

フィンランディア杯 男子のFSを終えての雑感

昨日は忙しすぎました。

おとといの深夜、フィン杯男子FS 昨夜はバレーボールにラグビー、

フィン杯の女子。

テレ朝でJGP。

 

なんだかパワーをもらったり、消耗したり大変です。

 

フィン杯、男子、昌磨、草太、ダブル表彰台おめでとう。

昌磨のFSは、これからどんどんよくなると思うし、

草太も、反省点が一杯あったみたいだから、頑張って欲しい。

 

今回は、演技云々もそうですが、この二人がダブルで表彰台に

乗ったことに号泣です。

 

画像

でもこれがお気に入りのショットです(笑)

 

2014年のジュニアグランプリファイナルと2015年ジュニアワールド以来ですね。

 

 

 

  f:id:akochanm:20191014133925p:plain

  2014 ジュニアグランプリファイナル

  2015 JWC Men's Podium (2).jpg

  2015年ジュニアワールド

 

苦節4年

ずいぶんと間が空いてしまったけど、ようやく・・・・

草太は、今年NHK杯頑張って来年は2枠取れるように頑張って欲しい。

ジュニアの時には、ネイサンもボーヤンも一緒に表彰台に乗っていたのだから、

また彼らと一緒に乗って欲しい。

みんな草太を覚えているし(少なくともネイサンは覚えていた)

一緒に喜んでくれる。

今回も昌磨も喜んでいる。絶対。

 

 

画像

これも大好きなショットです。

ああ、見にいけたらよかったなぁ。←無理

 

ところで。

いきなりちょっと気になった選手がいました。

 

最終Gの一個前のグループでしたけど、フィリピンの選手が滑っていたのに

デジャヴを覚えました。

どこで見たのかなーと思ったら、オータムクラシックに出ていたのですね。

 

クリストファー・カルザくんっていうのね。

トータル187.43だったら、結構頑張っている。

何で印象に残っていたのか、というと「月の光」を滑ってたのですよ。

オータムのSPで。

それでキスクラの戻って、一人だったんだけど、スコアを見て、

とてもうれしそうにしていて、

「ああ、スケートが好きなんだなぁ」と感じる表情だったのです。

一度辞めて、また復帰したみたいです。

 

ja.wikipedia.org

あとは、ジミー・マー君ですね

聞き覚えのある楽曲、そう。

高橋大輔の「ブルー・フォー・クルック」です。

カメレンゴさんの振り付けらしく、とてもよかったです。

たしか全米でも見た子だなーと思って、みたら、結構良くて

びっくりです。

 

ここのところ、スポーツの秋なのか、陸上、バレー、ラグビー、色々な

スポーツが盛りだくさんで、それぞれみんな努力している姿を見て、

ほとんど毎日感動しています。

 

フィギュアは一番沢山見ているから、ちょっと慣れ、というか、凄い選手ばかり

見る機会が多く、純粋なスポーツへの思いというのにダイレクトに触れることが

少なくなっていたのに気がつきました。

 

そんな中、昌磨先生もそれを思い出してくれたみたいで、

今年はそういう意味でもとてもうれしいシーズンの始まりになりました。

 

女子も男子も4回転時代となり、高難度の演技を見ているのですが、

それはもちろんのこと、超絶感動です。

 

フィン杯も男子の最終Gは大変なものでした。

最終一個前までは、みんなPB出したり、うなずいていたりしましたが、

最終Gはやはりプレッシャーが大きいのか、氷が悪いのか、というくらい

転んでいました。

 

f:id:akochanm:20191014141059p:plain

座るなり、いきなりティッシュを4~5枚取って、鼻をかみだす

ヴォロノフさん。 コーチたちも無言のまま。

f:id:akochanm:20191014141323p:plain

こちらも不穏な空気のラズキン&ミツン

でも意外にミツンは、説教しない。ボソボソっと話してそれで終わってた。

どこかの伯爵なら、もういいよ、ってくらい説教タイムが始まる(笑)

 

そしてこちら。

懐かしいアモディオさま

コーチとなって、意外にかっちりしたお衣装。

選手時代には、がっつり大胸筋が見えんばかりにあけていたシャツも封印。

封印しすぎて、タートルネックを着ております。

 

f:id:akochanm:20191011233657p:plain

きょ、きょわい・・・・

 

演技中は夢中で、スクショできず、残っていたのが

こういうところでした(笑)

 

でも、今年はジャンプにミスがあったら、ガツンとPCSも引かれるから、

高難度ジャンプに挑戦する上位の選手にとっては、プレッシャーは

半端ないですよね。

f:id:akochanm:20191014142349p:plain

www.fsk-results.com

ここですよね。

PCSの部分で、ジャンプに重大なエラーがあったら、演技のPCSの最高値

が下がる、ってとこです。

KENJIの部屋で、岡崎さんがお話していましたけど、後編しか見てなくて

だいたいしか理解していなかったのですけど、羽生さんのオータムを見て、

「このことか!」と愕然としました。

まぁ、でもそうかもしれませんね。

技術あっての、PCSは当たり前ですから・・・

 

でも、オータム見た選手は

「羽生選手でもあれだけ引かれるんだ・・・・」と思って

びびった人もいるかもしれませんね。

 

という訳で、男子のくだらない与太話はこの辺で。

 

でも女子は神演技続出でした。

女子のが精神的に強いのかしら、としみじみ感じたしだいです。

 

そうこうしているうちに、来週は、ネイサンの

「炎の体育会TV」とスケアメです!

いまからドキドキしています。

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村