とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

【ぼちぼち現地観戦記】フランス杯 男子SP

昨日、日本に戻ってきたら、髪の毛ががゴワゴワして絡まっていたのが

なくなり、一安心しております。

 

f:id:akochanm:20191106205743p:plain

 さて。

みなさん、一通り週末のフランス杯をご覧になって色んな事を

感じられたりしていらっしゃったと思います。

11/1から11/3まで、フランスグルノーブルで、GPS第3戦が

行われていたのですが、私は今回、観戦することがこれほど大変なことか、と

体感してきました。

f:id:akochanm:20191107012102p:plain

   ペティノワール・ポレサッド概観

 

 フランス杯 スケジュール

まずはこちらの表をご覧ください。

まとめてみました.

 

これが公開している公式練習と競技スケジュールです。

そうなんです。

公式練習を、観れるんでした!!!

そして・・・・お茶の間観戦していた時は放映されていなかった

アイスダンスとペアもあったんでした!!

しかも競技はたったの二日間で終わらせるなんて・・・

12人だからワールドより楽勝だ、と思っていたら大間違い。

11/1は朝8:30から21:17まで会場に。

11/2なんて、朝7:30から22:28まで競技。

そしてそのあと、表彰式でしたよ・・・・

宿に着いたら、日付変更線を越えていて、クタクタに。

 

みなさん、海外遠征する際は、体力をつけるか、見るべきものと見ないものを

あきらめることも必要です。

 

f:id:akochanm:20191106153237p:plain



男子SP雑感

ともあれ、男子SPからです。

ロシアのアントンくん、と読むのか?イケメン選手でしたが、その子以外は、

見たことある(失礼)選手ばかりでした。

THEICEに出たことある選手が11名中5名もいます。

すごい確率です。

まずは第一G

【アントン・シュレポフ】(RUS)

失礼ながら、この子は知らなかった。

公式練習でかなり頑張ってジャンプを練習していた。

長身で、正統派イケメンだった。

海外で最初のし合いで、最初の選手なんで、

見るだけのくせに緊張して(なんでや)あまり覚えていません、すいません。

 

【ロマン・ポンサール】(FRA)

本当はスケアメにも出る予定だったけど、体調でも悪かったのかな。

フランスのみ。

ネイサンはフランス杯、ポンさんと会える事がとても楽しみだったらしく、

色んなところで言い散らかしてました(笑)

THEICEで「セクシー」とか「大人な人」と周りがヒソヒソしていた

「ポエタ」

冒頭の4Tはきちんと着氷できた。あれ?氷のコンディションは気のせいかな?

と思ったら、アクセルでステップアウト、だったかな。

夏のようなキレがないのが心配。

 

【ダニエル・サモヒン】(IRA)

ホワイトナイツより。

私、実は、この映画大好きでいずれネイサンに滑って欲しい曲があるのですが、

それではなかった(笑)

ミハイルバリシニコフが一人で劇場で踊るシーンのだった。

テレビで彼の演技を流していたので、会場情報としては、

サモヒンパパもかなり熱いコーチで、ランビ、ラファと勝るとも劣らず

身体を動かして、眼が離せませんでした(だから本人の演技を見るのが

おろそかに・・・・)

 

【ケヴィン・エイモズ】(FRA)

プリンスの「The Qestion of you」

前半の四回転はすばらしく、でも次の3Lzで転倒してコンボが入れられず。

でも他の要素はかなりよくて、82.50 

ものすごい身体能力が高くて、この子がまとまってきたら、怖い存在だな、と

思ってます。

おひげを生やしているのに、結構メンタルが弱いのか、

キスクラでは泣きそうでした。

ワールドではうまく行っても泣いてたし。

かわいらしい

【ニコラス・ナドー】 (CAN)

 曲は、「Don't Fall In Love 」

バイオによると、身長が185cm!

氷が硬いのかな、とここで思ったのですが、着氷でエッジが

氷で止まらない感じ。

SPでは四回転入れられず10位に。

 

f:id:akochanm:20191106090936p:plain

 そしていよいよ第2Gです。

【モリス・クビテラシヴィリ】(GEO)

 ジョージア出身で、おザギと同門。

24歳で180センチの長身の彼は、やはり長身のスケーターと同じように、

たまにジャンプで自分の手足に振られてしまいますね。

四回転はおもいっきり軸が斜めっていて転倒。

でも、SBでした。

 

【セルゲイ・ボロノフ】(RUS)

フィン杯では、FPがかなりご不満だった様子。

今回は、どうでしょう。

Somebady to Love

冒頭の4T-3Tは見事着氷。

ただ、今年はルッツが鬼門のようで、2Lzとなっていましたね。

公式練習ではまぁまあ決まっていたのですけれどもね。

 

【トモキ・ヒワタシ】(USA)

Love Runs Out

スタートのルーティンなのかな?

整体みたいに、

夏のTHEICEの時には、元気いっぱいのスケーターだな、と思ったのですが、

公式練習の時から、心なしか顔がこけて、元気のない様子。

やはりシニアの大会は、緊張している・・・よね?

体調が悪いという訳ではないなら良いのですが。

4Tはステップアウト、3Aはすっぽ抜け

後半のコンボは降りたけど、できばえは付かず。

でも彼のステップと柔軟性は素晴らしい。

180度以上開くバレエジャンプには会場中が沸いてました。

この曲はノリが良くて彼にあってる。

夏の時の調子をNHK杯までに取り戻せたらいいと思う。

 

【ショーマ・ウノ】(JPN)

公式練習ではなかなかジャンプが決まっていなかったけど、いつもの昌磨なら、

本番ではきっちり決めてくれる!と根拠のない期待があったので、さほど気にしていなかったのですが・・・・・

 

4Fは成功。

次の4Tのコンボは抜けてしまったけど、昌磨なら3Aでコンボすればいい、

なんて、この時点でもまだ油断していました。

そしたら転倒してしまった。

 

グレスピはこの夏、THEICEで結構見た。

なので、明らかに不調が感じ取れた。

このSPに全体的にその時のキレとスピードが感じられなかった。

最初の動作もなんだか重い。

いやな予感が的中してしまった。

 

 

キスクラ一人は、見てるほうがまだなれない。

なんで連盟の人、昌磨の横に座ってくれないの?

(その後、小林部長は、選手とコーチの聖域って言ってたけど、あなた、

ソチのとき、ユヅの横で座ったよね?)

それとも律儀な昌磨が断っていたのかな???

 

この段階でも、私はまだ、「昌磨はフリーで巻き返してくれる」と信じてやまないのでした。

 

【ネイサン・チェン】(USA)

朝の公式練習では、ポンさんの練習をちらちら見ながら、ラファと雑談しつつ

足首ストレッチ。

しかし、パーカー来たお兄ちゃんが来たなーと思ったら、ネイサンだった。

 

 

リンク外では、恐ろしいほど、オーラ消してますね。

 

それから引っ込んで、自分の用意を。

公式練習でも失敗しそうにないくらいの、ジャンプの成功率でした。

La Boheme

スケアメのときより、情感たっぷり。

構成はまた、コロコロ変えているけど、きっと戦略もあるんだなと思う。

彼自身もそうだけど、ラファにも考えがあるんだろうな。

ネイサンを五輪の金メダリストにしたいと考えているんだと思う。

 

今回は、3Aにお手つきが。

それでも100点越え。

ネイサン、本当にスケーティングが上手くなった。

正直シニアデビューした際は、まだゴツゴツしていたけど、

昨年、マリーフランスさんに振付けてもらって劇的に変った気がする。

やはり、「ジャンプだけ」といわれるのは心外だったのでしょうね。

徹底的にスケーティングと芸術性を付けて行くぜ!という気合が感じられる。

振付師の提案のものばかりらしいけど、それを受け入れる許容範囲の広さよ。

振付師冥利に尽きるというものです。

動きのタメ、とその後の動作にメリハリが付いてて、

情感たっぷりになってきました。

男っぷりがあがってきて、どうしちゃったのかしら。

 

【アレクサンドル・サマリン】(USA)

先のワールドでは、ミスをして悲しい思いをしたサマリン。

かなり身体を絞ってきているように見える。

ブルーフォークロック

これは、大ちゃんが挑戦したブルースだったよね。

今年はやっているのか、結構見かける。

冒頭の4Lz-3Tのコンボが見事に決まり、4Fも決まり、

3Aはややステップアウト しかし高得点。

元々ロシア選手は、スケーティングが上手な選手が多いですね。

彼も身長が大きいので、それがダイナミックに見せていて、とてもよかった。

 

【男子SP結果】

f:id:akochanm:20191107010518p:plain

ネイサンは安定の一位。

サマリンは予想を裏切り(ごめん)二位。

昌磨が四位。

でもきっと表彰台には乗れる、頑張れ昌磨。

 

そしてネイサン。

この試合で、羽生さんを抜こうと思わなくていい。

ピーキングはあくまでもワールドだよ

ファイナルもこだわらなくてもいい。

 

あなたが言っていたとおり、ライバルは自分で、目指す演技に向けて

北京まで行って欲しい。

 

 【会場の雰囲気】

びっくりしたのは、地元の人たち。

始まる前から、席の隣とか後ろのフランスマダム、おじさん、小さい子まで

ショウマ、ショウマという声が聞こえる。

フランス語なんでわからないのだけれども、ショウマという単語は聞き取れる。

そして日本の国旗に、SHOMAと書いて、マントのように羽織っているマダムも

居た。

SPの声援は、一番だったと思います。

本当に愛されているのね、昌磨。

 

そして、ネイサン。

あーた自由すぎ(笑)

終わった後、横のショッピングセンターへポンさんと行ったでしょう!

彼の好発進は、ラファの力もあるけど、ポンさんと一緒というのもかなりの

ウェイトを占めていると思う。

 

ネイサンにはよかったフランス杯SPだけど、昌磨が調子が悪いので、

私達は、ちょっとショックを受けて宿に戻ったのでした・・・

 

時差ぼけと溜まった仕事を片付ける合間を縫って、まずは男子を

つぶやいていきます。

では、また。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村