とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

クリスありがとう

 

3/17 突然のニュースに言葉を発することができませんでした。

 

www.sanspo.com

 リンク切れのため、再度掲載

 

バンクーバーからソチまで。

ずっと日本のアイスダンスを牽引してくれた、クリス姉弟。

 

日本はアイスダンスとかペア競技が弱い、と言われていても、

彼らがいたから、団体戦に参加することができた。

 

この間、全日本の抽選会の映像をたまたまYouTubeでみたとき、

びっくりしました。

 

ペアは一組。

なのに、

f:id:akochanm:20200318084040p:plain

アイスダンスは4組もいました。

今、うたしんがジュニアですが、たぶん来年か再来年にはシニアに移行するでしょう。

そして大輔、哉中ペアも。

そうすると、最低でも6組もエントリーされる可能性があるということ。

 

第75回全日本フィギュアから第83回まで、キャシーとクリスが王者でした。

そのあと、キャシーが怪我で引退。

トライアルで村元哉中さんがクリスと組んで、翌年からいきなりまた、アイスダンスナショナルチャンピオンとなり、2018年のワールドまで日本代表でした。

2018年の四大陸の銅メダルは、日本アイスダンス史上初で、

ペアの高橋成美・マーヴィントランを彷彿とさせたものです。

 

そして今。

日本のアイスダンスは可能性にあふれています。

それもひとえに、クリスとキャシーの活躍も一因となっています。

 

日本のシングルもそう。

だれだれが、金メダル、入賞!とか言っていますが、そこに至るまでに

色々な人の努力、支えがあってこそ。

 

羽生結弦の金メダルは、

古くは小塚くんのおじいちゃんが、フィギュアを持ってきて、

信夫先生が頑張って、鍵山パパとか本田武史がオリンピックに出て。

 

みどりが女子初 3Aを跳び。

荒川さんがトリノで金メダルを取り。

真央ちゃんがフィギュアをお茶の間に広め。

高橋・小塚・織田君たちが3強となって、

高橋大輔が男子初の五輪メダリストになり。

 

という経緯がなければ、達成できなかった。

文化というのはそういうもの。

 

アイスダンスもこれからそうなる予定だった。

そしてクリスは日本に来る予定だった。

後輩の指導のために。

なのに、これでは悲しすぎる。

ameblo.jp

 

こういうとき、運命とはむごいもので、

あっさりと大切な人の命をさらっていく。

 

テン君も同じだった。

あっという間だった。

 

私たちにはどうしようもない。

だからこそ。

一日一日を大切に生きていかないといけない。

 

そして残してくれたもの、一緒の時代に生きていたことを感謝したい。

 

私も後悔しないように、今、この時代でスケートを見られる幸せをかみしめて、

大切なものを見過ごさないように、しっかと前を向き、眼を大きく開いていきたい。

 

クリス、ありがとう。

きっと日本のアイスダンスは素晴らしくなっていく。

見ていてくれると信じてる。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村