とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

5月16日はネイサン・チェンの日でした。

 

昨年もブログに書いていますが、

5/16はソルトレイクシティで「ネイサン・チェン」の日として制定されております。

 

でもね。

忙しくて情報を追えていないので、チラチラ見ただけでも思うのは

「もう、5/16だけでなくて 5月はネイサン・チェンの月にしたらいい」

です。

 

ここのところ、色んな人のインタビュー受けたり、

インスタライブをやったり、ネイサンのSNSでの露出度を見るにつけ

「やはりキングだ・・・」と感じ入る。

 

 

スコットハミルトンさんとのインタビューでは、

五輪は怖かった、という素直な自分の気持ちを告白してくれた。

勇気のいることです。

場合によっては、それを盾に攻撃してくる輩もいるやもしれないし、

口に出すことによって、より具体化してしまって、固定された恐怖となってしまうのも怖い。

そして、臆病者よとそしられるのも怖いですよね。

 

完全に乗り越えられた、と感じました。

でも、だからといって、次の五輪の事は誰にもわからない。

成績としては同じ結果になってしまうかもしれない。

 

でも確実に言えるのは、アスリートとしてのネイサンは、もう平昌の時とは違う。

 

アスリートの結果というのは、とても残酷なもの。

万全な準備をしても、勝利の女神がほほ笑んでくれない限り、頂点には立てない。

 

でも、本当の勝利者のプロセスは、私たちを日々感動させてくれる。

勇気を与えてくれる。

そして、希望をくれる。

 

だからこそ、公平な結果が求められると思うのです。

 

ここのところのネイサンのインタビューを聞くと、改めて聡明な青年だなと

感じ入ることしかり、ですが、茶目っ気もあってかわいらしい。

 

つい笑顔がこぼれてしまう。

 

そんな中、

medium.com

フィギュアスケート業界に今後どんな変更を求めますか?

「審査プログラムにはいくつか問題があると思います。すべてがスケートと判断において非常に主観的であるため、物事が少し良く判断される方法を定量化してコンピューター化する必要があります。

たとえば、回転に関する問題があります。スケーターが回転不足だった場合、減点されるべきだけど、されない場合も多くある。

スコアは、ある程度の公平性が必要です。

そのため、公平なシステムを実現してほしい。

 

 Google先生ありがとう。

 

ようはジャッジシステムが、人の手にゆだねていると、公平感がないので、

システムを実装してほしいということですね。

 

彼はSNSを多用しているので、いろんな論争があることを知っているのでしょう。

そこで、ジャッジに従うのみ、とはいいつつ、このままではよくないということも

わかっている。

 

ファン同士がいがみあって、場外乱闘を繰り返しているスポーツに、

感動が生まれるでしょうか。

自分たちが愛しているスケートの採点が、よくわからないというのは、

とても悲しい事ですね。

 

ですので、やんわり意見を述べています。

以前、統計学などの知識をもとに、NBAで働く(冗談だと言っていましたが)などという希望も語っていましたが、それを訂正するときに、ISUで働くことも、

いいみたいな感じのインタビューもありました。

 

やはり公平に正しくジャッジした上で、スポーツは行われるべきだということ。

他のスポーツにAIがどんどん導入されているのに、ジャッジが難しいと言われているフィギュアにいつまでもAIが入らないのはおかしいですよね。

 

そんな中、芸術点を重要視しすぎるルール改正も考えられているなんて、

順番が違いすぎる。

 

そしてラファには、「まだ君のスケートに好きでないところがある」

「僕もだよ」と答え、向上心を持ちつつ

 

彼の若いにもかかわらず、オリンピックでの競争という彼の大きな夢は、彼のスポーツへの途方もない情熱、勇気、そして感謝に表れています。

 

彼は学生とスケーターとして、バランスをうまくとって選手生活を送っています。

苦しんで、そして楽しんでいる。

そこには、スケートに対する愛情がより強くなった彼を見た気がします。

こんな大変な事、好きじゃなくちゃできない。

 

ひとつのことに集中して、それだけやるのも大変ですが、双方うまくやることの

難しさは途方もない。

愛情がベースです。

 

彼の平昌以降の行動を見ると、なんで?と思ったことは必ず結果で示してくれる。

 

行動が解になっている。

 

このインタビューでは、五輪に向けて、ネイサンファンが渇望している

バレエプロの事が書かれていて、私含め、喜んでいると思います。

 

原文では私は読めませんが、読める方は、ぜひ、チャレンジしてください。

色んな方が、素晴らしい訳をつけて発信してくれていますし。

 

こんな素晴らしい情報が発信されている、この5月もネイサンのおかげで

捨てたものではなくなっている。

ありがとう。私の5月はネイサン祭りとします。

 

【今日の独り言】

この間のインタで、デートはサプライズが欲しい、みたいな事を

言っていたけど、やってあげる方でなく、受け身?

え?女子・・・?

タピ活してた事もあるし・・・・(冗談だけど)

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村