とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

2020-2019シーズンは無観客でも仕方ない?

 

春に続き、夏までも。

 

夏の甲子園が中止との決断のニュースが広がっています。

 

日本の野球を目指す若者にとって、究極の目標ともいえる甲子園。

それは、オリンピックに勝るとも劣らないもの。

なんといっても、高校三年間の間しか出場できないという、

人生において超期間限定の大会。

かつ、自分ひとりの力ではいけないもの。

 

baseballking.jp

 

高校球児の心中いかばかりか。

特に日本の高校野球は、たとえプロに行かなくても、甲子園が目標にしているくらいで、数多くのドラマとか、漫画、映画にもなっている。

 

そんな人生を賭けているにもかかわらず、たった3年間だけの夢。

 

コロナのせいとしても、あんまりな結末だ。

 

だからといって高野連に文句をつけている訳ではないです。

むしろ英断だった。

命あってこそ、ですから。

でも、ひょっとしたら、命と同等の人もいるかもしれない。

価値観は様々。

 

 

そうこうしているうちに、東京五輪のニュースも出てきました。

来年できなければ、中止・・・・

 

これもあんまりです。

選手もそうだけど、日本がいくらお金かけたと思っているのか。

そして準備にかけた企業たち。

 

アフターコロナの世界がどうなるのか、怖くなってきました。

 

そんな時に、フィギュアの開催もどうなるのか、心配です。

 

やはり今年は無観客でやるべきではないでしょうか。

観客がいないと、盛り上がらないかもしれないけど、

このままやらないと、選手の技術も後退するし、怪我のリスクも大きい。

 

観客もITを駆使して、なんとか会場と一体化する仕組みを作るしかない。

 

 

今はみんな頑張っているけど、いつか気持ちが切れてしまう。

それだけは避けたい。

そして経済も大事・・・

 

そして北京オリンピックのシーズンには、なんとか遠征にいけるくらいに

なるといい。

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村