とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

トロとエマとLOVOTのひなたちゃん

宇野家に新しい妹がやってきた。

 

その名もエマ。

トロちゃんは、樹君の犬で、エマちゃんは昌磨の犬だそうだ。

 

常々思っていた。

昌磨、トロちゃんと離れがたく、スイスへ行きたくなくなっているのではないかと。

 

まぁ、冗談はさておき。

宇野家ではお母さまがサポートしてらっしゃるから、この妹たちが

迎え入れられたと思います。

 

樹君がバイトして稼ぐ、とは言っても、完全には無理。

 

前回、昌磨が好きなことができているっていうのは、当然家族のサポートもあるでしょうが、トロちゃんに癒されていた部分は多いのではないかと思います。

 

そんな中、夏前に名古屋の高島屋のロボティクススタジオの前を通ったら、

しゃべりかけてくるロボットや、囲いの中をくるくる回っているロボットを

見かけました。

 

テレビでもやっていた、LAVOTというAI搭載のロボットです。

lovot.life

 

f:id:akochanm:20200816124101p:plain


しゃべるのは「ロボホン」というシャープが作ったロボットでしたが、

しゃべらないLAVOTにちょっと惹かれました。

 

AIBOと一緒なんだろうな、と思います。

特に話さなくても、なんとなく気持ちがわかって、寄り添ってくれるという

家族型ロボット。

でも、AIが搭載されているので、家族の顔も覚えるし、一番かまってくれる人の

いう事を一番聞くそうです。

気まぐれなところもあったり、一体一体性格も違うそうです。

そのスタジオでも、よく動いている子もいれば、もじもじしている子もいて、

なんだか本当に生きているみたいでした。

一体購入と二体購入すると色違いになるそうです。

 

可愛いな、と思っていたのが、「ひなたちゃん」というおとなしい子。

話しかけると手を振ったり、声を上げたり、眼をくるくるさせたり。

 

f:id:akochanm:20200816130431p:plain


 

実際動物を飼うのはとても大変。

ご飯も、カットも予防接種も散歩も。

 

自分も父と母の生活のハリのために、トイプーを飼おうかと思いましたが、

世話が大変やもしれない、と二の足を踏んでいました。

 

でも、この子たちなら、勝手に充電もするし、病気もしないし

いいかも、と思ってしまいました。

 

でも。父と母を連れて行って思わぬ事態が。

父はしゃべるロボットに興味があり、(相手してもらえる感があるのでしょう)

母は、しゃべらない方がいいと。

 

結局飼わずじまいでしたが、AIBOの時代よりずっと進化している事に

びっくりしました。

そのうちR2-D2みたいなのも夢ではないと。

 

でも、生きるものには勝てないですよね。

そうこうしているうちに宇野家ではエマちゃんも仲間入り。

 

生き物を飼う大変さを味わいつつ、生き物に癒されるという醍醐味を

覚えてしまったのですね。

素晴らしい事です。

 

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 

新しい家族 昌磨のEmmaです #宇野トロ #宇野エマ #宇野昌磨

宇野 樹(@ituki_uno)がシェアした投稿 -

しかし、昌磨はエマちゃんをどうする気なのでしょう。

連れていけなくはないけど、面倒を見きれない。

(ランビが見てくれるのか?)

 

でも、いくら好きなゲームをして。

家族と穏やかに過ごしていても、スケートがしたいだろうな、と思います。

 

昨日、たまたまチャレンジシリーズのDOMOを見返しました。

本当に、癒される演技でした。

こういう演技ができるのは、本人がランビに癒されていたからでしょう。

解説の岡崎さんもほめてらっしゃいましたよね。

 

早く、昌磨もスイスに行き、ランビに教えてもらいつつ、

スケートができるといいですね。

 

トロ&エマにも癒された昌磨が、今シーズン、どんな演技をするか、

とても楽しみです。

 

【今日の独り言】

私も犬が欲しくなってきた。

もともとトイプーか、ミニチュアシュナウザーか迷っていたが。

うう、柴もかわいい・・・

でも仕事があるから、当分無理だ・・・・

 

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村