とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

真央ちゃんのスケート愛と真央リンク

たんなる夢物語で終わらせる気はなさそうだ。

 

真央ちゃんは、昔から「真央リンクを作りたい」と言っていた。

 

中京にできたので、ミッションコンプリートと思っていたが、

所詮学校のリンク。

それも、一つ閉まり、もう一つもナショナルリンクが、関空に移ったため、

閉鎖の危機ではないかと心配している。

 

昌磨がスイスへ行ってしまったり、

草太が関西に行ってしまったり。

 

number.bunshun.jp

 

ここのところの木下アカデミーや、関西大学の充実ぶりが著しい。

中京も手をこまねいている場合ではないのだ。

 

話を戻すと。

最近リンクの閉鎖が相次ぐ。

みんな署名運動したり、嘆願書を出したりしている。

 

それだけでは解決しない。

募金をしても、その時だけの話。

ランニングコストはずっとかかる。

それに耐えうるビジネスモデルを提示しない限り、閉鎖はこれからも続く。

 

そこで浅田真央です。

 

彼女がリンクを作る、ということはそこの常任コーチとして就任することが

求められる。

私がスポンサーだったら、そうする(たいていの人はそう望む)

 

えぐい話だが、集客ができるからである。

リンクの上に、真央博物館なんて作ってみてごらんなさい。

観覧料をとっても、人がわんさか行きます。

(私も行きます)

そこで限定グッズを作ってごらんなさい。

人がわんさか買いに行きます

(私も行きます)

コーチとしてそこでスケート教室をやろうものなら、

子供を入れる親も多かろう。

 

作るだけでなく、維持していくということはそういう事です。

 

悲しいかな、まだ、日本で、その人一本(ピン)でショーをやって

採算が取れるくらいお客が来るのは、高橋大輔、浅田真央、羽生結弦だけだと思う。

(昌磨もそろそろイケると思うのだが・・・・)

 

真央ちゃんがそう発言したのは、現実味を帯びてきたのだろうか。

それとも彼女の決意表明だろうか。

 

スポンサーがどこになるのか。

複数協賛なら、可能だろう。

そして彼女はまた強い武器を手に入れた。

 

東邦ガスだ。

名古屋の邦和も、そのひとつ。

リンクには膨大な電気料金がかかる。

発電に関して、電力・ガス会社がスポンサーであることは、

その足掛かりにおいて、一歩前進である。

 

地元(名古屋)でないのは、少々寂しいが、

実現することを心より祈り、少しでも力になれるよう、

寄付もしたいものだ。

 

 

そんな休日の昼下がり。

 

【今日の独り言】

注文した真央マスクが来ない・・・・

結構早めに頼んだのだが。

ちゃんと頼めているか、不安になってきた・・・・・

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村