とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

五輪の本来の目的は

野村萬斎さんのインダビューで、

「開会式は簡素化する」と。

 

 コロナで縮小の傾向の東京五輪。

開会式も例外ではない。

 

そのこと、理解されていて、安心です。

 

www.chunichi.co.jp

 

簡素化する東京五輪

 

年々派手な演出になり、スポーツの祭典なんだか、商業の祭典なんだか

わからなくなり、五輪開催国の負担が大きくなり、会場は廃墟と化している国もある。

 

もはや五輪特需は昔の話。

ましてや、今年はコロナで延期。

なぜ東京の時にこんな目にあわなくてはならないのか。

恨むにも、どこに当たればよいのか、わからない。

 

五輪本来の目的を取り戻す

 

萬斎さんは、このインダビューで

 個人的には、いろいろな意味でコマーシャリズムがのった五輪を、元に戻すチャンスにしたらいいかなと僕は思っている。理念を再び取り戻す。五輪、パラリンピックをやる意味は何なんだと。この機会にそうなると素晴らしいのではないか。五輪自体はアスリートがしのぎを削る勝負の世界。優劣はつけるけど、人間として平等という理念が基本的にある。ただのお祭り騒ぎではない

とおっしゃっていました。 

 

このコロナ禍において、開催する意義は、ここにもありますよね。

IOCもJOCもそれを周知の上、開催するように準備してほしいですね。

 

先日、柔道の男子66kg級の代表決定戦がありました。

 

すばらしい試合でした。

 

五輪で勝てないと意味がない、とまでは言いませんが、

彼らのモチベーションは、やはり五輪。

 

その四年に一度のスポーツの祭典のために、全柔道人生を賭けて努力する。

 

勝負というのは、酷いものですが、その先にあるものは、とても素晴らしく貴い。

それから勇気と感動をもらっている私たち。

 

私たち外野は、開催をあれこれ文句いうのではなく、どうしたら、開催できるのか

協力していきたい、と思う。

 

これは私見ですが、この勝負を見た人で、そう思わない人はいないんじゃないだろうかと思います。

 

全日本フィギュアと全日本スピードスケート競技会の開催

 

全選手と運営スタッフ、コーチなど、すべての関係者にPCR検査を実施すると

発表がありましたね。

ただ、スピードスケートは無観客で、フィギュアは有観客です。

 

このことについて、とやかく言うものではありませんが、

フィギュアとスピードスケートの観客希望者数が違うことによる事務負荷など諸問題。

スピードスケートの開催地が、コロナ感染者数が多い北海道であること。

スピードスケートの選手から感染者が出たこと。

などの問題が、色々あったのでしょう。

 

第88回全日本スピードスケート選手権大会 | 公益財団法人 日本スケート連盟 - Japan Skating Federation

 

 願わくば、万全な対策を取って、無事感染者なく、競技会が終われるように。

 

五輪を目指す選手ばかりでなく、全日本を目指している選手もいるのですから。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村