とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

スイスもチョコの名産地(昌磨ママ正解)

 昌磨ママが、スイスでチョコレート爆買いしたというYoutubeをみて、

懐かしいなーと思いました。

 

         f:id:akochanm:20210216160955p:plain

 

あれはバブリーな頃、名古屋松坂屋本店に、スイスチョコの店舗が入りました。

確かステットラーだったと思うのですが、記憶が・・・

たしか、末尾に〇〇llerと付いてた気が・・・

 

チョコレートと言えば

チョコレートは明治、というCMにもつられますが、

バレンタインが終わり、チョコレート戦線は一段落しましたが、

チョコレートは年中食べたいものですよね。

 

チョコレートと言えば、ベルギー、というイメージが付いていますが、

今はフランスもショコラティエが増えてきていて、素晴らしいチョコレートが食べられますが、過去にブリュッセルに行った時のチョコレート屋の数には圧倒されましたね。

一軒おいて、ノイハウス、ゴディバ、ノイハウス、ヴィダメール・・・・

20年くらい前の事であり、まだ日本にそんなに店舗がなかったので、

私と友人はウハウハしていましたが、今はバレンタイン時期の日本にないチョコレート屋はないくらい、浸透しております。

 

チョコレートの原材料はガーナ、インドネシア、アフリカ、コートジボワール、エクアドルなどなど、中米、アフリカなどの国から輸入しております。

 

ヨーロッパもそこから輸入して、加工しておりますので、産地、ではなく、

カカオを加工する産地、ということになります。

ベルギーもそれですね。

 

今はショコラティエだったり、メーカーが作っていますが、

カカオ豆をまず、チョコレートというものに加工する前に、製菓用のチョコレートにする工程も結構重要だったりするのです。

 

私がよく仕入れしていたのは、カカオバリーでしたが、(コストパフォーマンスが良いため)、ちょっとお高いとカレボー(同じ会社の違うチョコ)とかもおいしい。

ここはイタリアとかに工場があり。

ヴァローナは結構高いし(ここはフランスに工場があったような)

ベルコラーデもお高い。

 

でも豆の産地だったり、ブレンド、焙煎によっても違うので、食べてみて好きな

ブランドでもいいと思います。

有名ショコラティエもほとんど、こちらのメーカーから購入しているはずです。

 

自分で焙煎までやる方も増えてきているそうですが、まぁお好みです。

 

スイスチョコとは。

 

スイスのチョコレートは、たぶん私たちが知らないけれども、もっと身近なはず。

だって、あの「リンツ」も、「カイエ(Cailler)」(←たぶん免税店に板チョコでおいてあります。)スイスですから。

 

そして今、固形のチョコレートがあるのも、スイスのおかげ。

昔のチョコレートは液体でした。(元々薬でしたから)

19世紀にリンツがカカオバターと混ぜて固めるという製法を編み出して、

今のチョコレートがあるのです。

 

そしてミルクチョコレートも確かスイスのおかげ。

粉末のミルクをチョコレートに混ぜるというのもスイス人が初めて成功させたのです。

 

そんなスイスのチョコレートが美味しくないはずがありません。

 

個人的には、スイスのチョコレートは、豆の主張よりも、くちどけとかさっぱりした甘さが特徴のような気がします。

 

確か、初めてトリュフというものを見たのも、名古屋人の私は

松坂屋のスイスチョコレートの店だったと思います。

シャンパントリュフというものを初めて見て、感動したのを覚えています。

昌磨ママも同じものを食べていたかもしれません。

 

そして今はやりのルビーチョコも、スイスのリンツが開発したものです。

フランスやベルギーに目が行くけれども、こういう面からも、やはりスイスショコラメーカーの底力を感じます。

美味しいチョコの条件

日本のチョコレートも素晴らしい。

コンビニであの値段で、あのグレードは世界中探してもない。

ただ、みんな原材料を見てください。

カカオマス、砂糖、パーム油、となっていると思います。

 

本来なら、ここにカカオバターが入るのですが、コストを下げるために

安くするために、パーム油を使っているのです。

 

カカオバターを使ったチョコレートは、たぶん後味が全然違います。

あとはボンボンショコラにはバターを使いますが、このバターも

良いものを使うと断然美味しい(お値段も断然高い)

 

スイスは、乳製品も良いものでしょうし、美味しいチョコレートが

作られているに違いない。

 

何気にヨーロッパは町の普通のショコラティエでもグレードが高い。

 

 

エマちゃんとのお写真のチョコのパッケージから、

ゼラーというショコラティエだと判明しました。(たぶん)

 

ジュネーヴ周辺なら、宅配も可能とのこと

 

 

www.chocolat-zeller.ch

 

 【今日の独り言】

ネイサンもマライアちゃんにキットカット(抹茶)を貰っていましたね。

抹茶チョコは日本が一番かと思いきや、天才ショコラティエにかかると、

日本人より、抹茶チョコが美味しかった記憶があります。

 

ちなみに私のお勧めは、ブルーノ・ルデルフです。

MOFショコラティエです。

(昔、教えてもらったけど、彼のショコラも、ケーキもびっくら美味しいです。今年は日本に来てなくて残念・・・)

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村