とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

風化するのが怖い(モラハラ裁判の行く末)

政治家も、いろんな権力者も、市民が忘れっぽいこと、飽きっぽいことに

気が付いている。

だから持久戦に持ち込んだ方が勝ち、みたいな感じになってないか?

 

織田君の例のモラハラ裁判は、和解の方向へ行っているという報道が出た。

 

この件について濱田コーチは名誉棄損で逆提訴していた。

 

痛み分けという訳か?

 

そして張本人の関西大学は何をしたのだろう。

 

個人的な好みで言うのはよろしくないが、濱田コーチは全く表に出てこず、

本人談、というコメントだけが独り歩きして、織田君がまるで片手間な指導をしていた

という印象を与えた。

 

これまた裁判を見ていないし、実際のリンクで見ていないので知らないが、

怖いのが、目撃者が多数いるのに、口を閉ざしている事だ。

 

これだけ織田君が精神的にやられるくらいだから、目に見える形で色々噴出していたはずだ。

 

ここにも闇があるような気がしてならない。

 

そろそろ若手コーチが台頭してきてもいいのだが、木下アカデミーは、コーチというより選手を育成していて、田村コーチ以下、育っているかどうかわからない。

 

アカデミーというくらいだから、選手もそうだが、育成側も育てないと片手落ちだ。

 

そのアカデミーも一極集中しつつあり、ノービス、ジュニアのあの子もその子もアカデミー所属で面白くない。

 

アカデミーはいいが、元々その話があったと思うので、濱田コーチも織田君をそんなに目の敵にしたり、しなくても良かったんじゃないのか?と思うがどうなのだろう。

 

織田君も勝って慰謝料が欲しかったとは思えない。

謝罪が欲しかったのではないか。

だとしたら、和解は正解だと思う。

裁判官は賠償を命じることはできても、謝罪は命じることができない。

 

 

濱田コーチに対して、あまり良い印象がないのは、自分の生徒をマスコミの前でこき下ろすことをするからです。

真凛の練習の事も、紀平さんのことも。

注意するなら、本人にすればよく、マスコミに晒すものではないと思う。

選手が聞いたらショックだろう。

もし、まだ注意されていないことで、マスコミに話した方が早ければ、

ショックは何倍も大きく、信頼関係が大きく揺らいでしまう。

 

実力のある選手を育成しているから、と言って、そういう事が許されるのか。

一時のレスリングの志学館とどう違うのか。

 

織田君の泣いている会見を見たマスコミの酷さも、眼を覆うほどだった。

「泣くなよ」とか普段仲良く突っ込んでいたのに、まるで晒しもの。

挙句、シーズンオフまで待てなかったのか、とか言い出す始末。

モラハラ受けたり、いじめにあった人に対して「待てなかったのか」はない。

待てないから提訴したのだ。

提訴する勇気を誉めこそすれ、なんで批判するのか。

 

いじめというのは、証拠がないものなのである。

提訴しても勝ち目はなかったかもしれない。

でも、そういう事があったと知らしめる事ができる。

勇気のいることである。

家庭も子供もある身では、相当考えたに違いない。

 

コーチと選手の間にマスコミを挟む必要はない。

 

コロナ禍で風化していってしまわないか心配していた。

和解が本当に織田君にとってよい結果なら良いが、

この裁判で、今のところ私たちが被った被害は、GPS(男子)の解説が佐野さんになったことだろうか。

 

かつて名古屋のGPFで、自分の解説の場面ではないのに、会場の隅で

ペアやアイスダンスの演技をじっと見ていた織田君を思い出す。

 

いい指導者、解説者になれるはずなのだが。

 

この事件で、スケート界は、双方失おうとしていたかもしれない。

今後テレビ朝日が、織田君を使い続けてくれる事を祈る。

 

 

そして、関西大学の高槻のリンクには、歴代オリンピアンのパネルが飾られているはずだが、今はどうなのだろう。

 

監督だった、そして選手だった織田君に対してのこの処遇の後、

まだ織田君のパネルは、リンクに掲示されているのだろうか。

 

ネイサンの「今苦しんで立ち上がれない人へのアドバイス」を

参考にしてください、織田君。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村