とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

ジャッジのアンフェアと観客としてのアンフェア

年度末ということと、スケオタさんたちにおかれましては、

大変お忙しい時期だと思います。

 

私も、仕事が立て込んでおりまして、思ってもつぶやくことが難しい今日この頃。

 

あと一週間弱で、世界フィギュアが始まるかと思うと、ドキドキします。

そしてフジテレビでも出場選手の特集が始まりました。

 

f:id:akochanm:20210319174804p:plain

一部の選手を除き、出場選手も色々な不安と期待、喜びなど様々な気持ちが交錯する中、SNSではいらぬコメントが溢れています。

 

その中で、

「正しいジャッジであれば、〇〇選手が金メダル」

 

正しいジャッジって、私たち素人が言う事なのか。

 

ここのところタイムラインにもソチから平昌の色々な演技とか

フィードバックがあるけれども、過去は過去。

未来は私たちが決めつけていいものではない。

 

未来は彼らがつかみ取るもの。

 

個人的には、ソチシーズンは「正しいジャッジ」だったら、

パトリック・チャンが金メダルではないかと思う。

 

いわゆるトータルパッケージとしての選手では、あの時期彼に敵うものはいなかった。

羽生さんは、4回転を2本、チャレンジしていた。

4Tと4S。そして素晴らしい3Aを引っ提げて。

 

実力の伸びは眼を見張るものだった。

 

しかし4Sは成功率は甚だ低いものだった。

 

そうなると芸術性、スケーティングなどなど、PCSはパトリックのが優れていたと

思う。

あの時羽生ファンだった私が言うのだから、ひいき目無しと思ってもらっていい。

 

今の羽生さんは、その立場にいるのではないか。

 

あの時世界トップレベルだった高難度ジャンプの本数は、若手のが優っている。

ネイサンだけではない。

ロシア、イタリア、アメリカにもいる。

日本だって、出てくる。

 

ただ、完成度、その他においては、まだ羽生さんには敵わないというところだ。

 

それがいつひっくり返るのか。

 

でも、それは仕方のないこと。

百獣の王ライオンでも、グリズリーの王でも、いずれ引退の時がやってくる。もう1週間で始まる・・・・

 

かのプルシェンコだってそうだった。

 

いつまでもトップでいられない。

でも彼らの偉大さは、ちっとも陰る事はないのだ。

山はいずれ下る時がくるのだ。

 

パトリックは、ソチシーズン後半に、「ジャッジが思った点数を出してくれなくなった」と言っていたのをどこかでみた。

それは何が働いているかわからない。

知らないうちに能力が落ちてきているのか、ムーブメントに乗った次世代の選手の

インパクトがすごかったのか。

 

正直、ネイサンだっていつがピークなのか、わからない。

私はそれが北京にはまるといい、と願っているのだが、それはネイサンの運命ともいえるので、致し方ないところ。

 

羽生さんのファンは、それを怖がってはいけない。

彼を超す選手は出ない、と言い切るのもどうかと思う。

歴史は塗り替えられるし、そのためにある。

 

過剰なアピールはやめて欲しい。

それが場外乱闘を引き起こす。

きっと選手達も悲しんでいる。

 

私たちの応援は、そのライバル選手以外を堕とすものでなく、応援している選手をあげるためにあるのだ。

 

直近の国際大会だと、2019GPFでしょうか。

あれを基準として見るなら、今「正しいジャッジ」をしたらネイサンの勝ちだ。

 

ただ、試合はその時の状態によるので、元々のポテンシャルが高い選手であれば、誰が頂上に行くかわからない。(一年経っているしね)

 

昌磨だって、調子が悪かった羽生さんだったとは言え、勝った事があるのだ。

 

誰が表彰台の中央に立てるかわからないのだ。

もちろんゆまちも狙っている事をお忘れなく。

 

決めつける意見をヤフコメなどに書き込んだり、SNSで拡散しないでほしい。

 

人生はどんでん返しは多くあるものなのだから。

 

そして、もうひとつの心配は、感染対策。

ネイサンも心配していたが、正しく運営され、選手もコーチたちも

ルールを守って大会に参加してほしい。

 

ワールドで感染した、とあっては、来シーズンの試合の開催が危ぶまれる。

 

選手達としては本意ではないはず。

試合以外に心を惑わす事はないように祈っている。

 

選手がみんな、望む成績が得られるとは限らないが、

みんな全力を出し切れますように。

 

そうすれば、結果はついてくるし、みんな気持ちよく終われる。

 

 頑張った選手に対して、「ジャッジがアンフェアだった」と観客の私たちが言ってはならない。

それは、観客・ファンとして「アンフェア」な行為と気づくべきだ。

 

 

 

【今日の独り言】

そんなにアンフェアと叫ぶなら、自分がジャッジになればいいじゃんか。

と思う今日この頃。

 

そしてこのブログは、絶対叩かれるな。

でも言わずにはいられなかった。

 

選手には罪はない。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村