とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

やはりネイサンのファン 宇野昌磨

昌磨のNOW VOICE聞きました。

 

「世界選手権」というタイトルのやつです。

 

しかしつくづく思うのは、昌磨の考え方の賢さと謙虚さです。

 

そして自分を俯瞰して、冷静に観察する能力。

 

平昌前の昌磨に戻った感じです。

 

本人も言っていたと思いますが、試合の結果よりも、昨日より今日。

今日より明日、成長していたいという考え方。

 

そうした思いは、他と比較してどうとかという考え方は超越して、

ライバルである羽生さんや鍵山君、ネイサンにも惜しみない賛辞を贈る。

 

特に年下に抜かれるのは、かなり堪えると思うのですが、その辺はあっけらかんとしているのも彼の魅力。

 

しかし、なんですね。

昌磨のネイサン評

「やばいとしか言いようがない」

 

 f:id:akochanm:20210403195635p:plain

 

4Lz転倒したあとのリカバリーで4F-3Tを入れるなんて、すごい。

と手放しの褒めよう。

 

昌磨が、唯一現役選手で、シニアに上がってから勝ててないのは、ネイサンのみ

(ですよね?)

なのに、勝負を忘れて、いつもほめちぎる。

 

相当好きなのはそうだけど、こんなに素直にライバルを褒められるなんて。

 

本当にただの一ファンだろ?

って言いたい。

 

NOW VOICEを聞いて、他に色々思う事もあったけど、終わった後の私の

第一声は

「昌磨、私と同じやん!!」

 でした。

 

 

【今日の独り言】

 

羽田で降りた羽生さんが妙に機嫌が良かったのは、

昌磨とお話していたからなのか!と昌磨のコメントで知る。

 

羽生さん、やっぱり昌磨の事、結構好きだよね。

っていうか気を許しているよね。

 

そして昌磨の偉大さを知る。

 

友人談

「昌磨は機内は寝ていたい人じゃなかったっけ?

誰も寝てはならぬ」だったのか、と。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村