とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

Bon anniversaire NathanChen!!お誕生日おめでとう

 

5月5日 16時を回りました。

5月5日はネイサンチェンの22歳のお誕生日です。

海を越えた日本から、

お誕生日おめでとうございます、と伝えたい。

 

              f:id:akochanm:20210505165010p:plain

           今はお花すら渡せません。

 

今はコロナで、生観戦することもままならないですが、

もう一度、ネイサンの試合が見たい。

 

f:id:akochanm:20210505212704p:plain

 

 

 

今年はオリンピックイヤー。

悔いのない一年を過ごして欲しいです。

 

ここのところ、ネイサン関連のブログをアップしていない。

(というか、ネイサンファンのくせに少ない?)

 

一番の推しの事を述べるブログって難しい。

最近はあまり見ないのですが、色んな人のブログを見ると様々。

想いがあふれてどうしようもないもの。

推しをちょっとからかっているようなもの(これも愛があふれている)

推しを思うばかり、他をディスってしまうもの。

 

色々です。

 

私もなんか、ネイサンの事だと、若干冷静さを失うというか、

過剰に推してしまいそうになる自分をぐっとこらえる。

そうすると「衣装がどうだ」とか色々茶化してしまう。

だから投稿しようとして、下書きのまま保存されているブログが

結構ある。

これをそのまま残しておくか、削除すべきか悩むこともしばしば。

 

そして、ちょっと切ない思い出が鮮烈なのかな。

 

シニア初のワールドは靴が壊れて不調。

(四大陸選手権は優勝したけど)

その後初の五輪では、ショートが不調で5位

(その前のスケアメ、ロステレ、GPFは優勝しているけど)

大学入学してすぐのJOでは、まさかのザギちゃんにも負ける点数で

ボロボロに。目の前で見たので衝撃がすごかった。

(その前のワールドでは優勝しているけど)

 

確かにそのあとは超順調なんですけれども、いつ乱れるかと思うと気が気でない。

本人が満足いく結果ならいいのですが、そこはそれ、推しが優勝すると嬉しいし、

常に優勝していると、たまに負けそうになると、息も絶え絶えになる。

 

推しを常に応援するということは、心が強くないとできない。

そのあたりが自分としては、ちょっと弱いのですよね。

 

そしてネイサンの生い立ちと、これまでの歩みを見ても切ない。

 

小さい頃は貧しくて、スケート靴はもらっていた、とか

おやつもあまりなかった、とか

アジアヘイトみたいな軽いいじめもあった、とか

(お前がアイビーリーグなんか行けるもんか、みたいな)

シニアにあがる前にケガをして、スケートをやめるかどうか、悩んだ、とか

 

今のネイサンを形作っているのは、そういうマイナスの経験と、たゆまない努力の積み重ねであること。

もちろん元から才能はあっただろうけど、努力なしではない遂げられなかった。

 

そんなネイサンが、インタビューで結構聞かれる平昌SPのこととか、

羽生結弦に関する事とか。

黄熊の事とか。

もう聞いてあげないで欲しいね。

いつもいつもきちんと答えてくれるけれども。

口にすると、言霊になると嫌ですから。

 

これで北京の金メダルが取れなかったらどうしよう。

(私が考える事ではないが)

もっと言うと、思いきり力を出し切れなかったらどうしよう。

(これも私では如何ともしがたい)

 

そしてもっと重要なのは、

北京シーズンでネイサンの演技(試合)が見られなくなる。どうしよう。

これです。

 

一日一日、一年一年、過ぎていくうちにあっという間に北京シーズンに突入しようとしている。

 

この気持ちをどう持っていけばいいのか

(知らんがな)

 

と、まあ自問自答、自分に突っ込みながら過ごしております。

 

常に謙虚で努力家。

家族思いで、視野が広い。

そんなネイサンが、たまにやらかすポカがなんとも言えない。

 

 

話はいつもの通り、大脱線ですが、

ネイサンのスケートが大好きです。

ネイサンの人柄も(知っている限りですが)大好きです。

 

良いお誕生日をお迎えください。

 

また、日本で会える事を祈念して。

 

【今日の独り言】

今シーズンは、まだやらかしていないので、一安心。

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村