とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

日本のネイサンファンと海外の昌磨ファン

ここのところブログが途絶えがちなのは、

ネタがないせいもあるが、仕事が多忙なのと、コロナ禍で鬱々としてしまっているせいでもある。

 

 

この負の相乗効果は半端ない。

でも、ある程度は復活できていた。

少なくとも2019年くらいまでは。

 

そう、ネイサン情報が少ないのである。

どうやら当分試合に出ないらしい。

そして例年だとすでに発表されている新プロ情報もさっぱりです。

 

こうなると2019年シーズンを境に、昌磨とネイサンの情報量の差が

逆転したかのよう。

 

今や昌磨は自分のyoutubeチャンネル、Nowvoice、弟のSNSにて

自分の活動報告、日常、考え方をファンに伝えてくれている。

 

元々はネイサンもインスタを活用して、結構色々とお知らせしてくれていたというのに、ここ五輪シーズンになる前に減ってきている。

 

しかし、先日、ネイサンが新しいシーズンに向けて始動している、ということが

解ったので、一安心している。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

Nathan Chen(@nathanwchen)がシェアした投稿

海外在住の昌磨ファンは、このコロナ禍ということもあり、生昌磨を観れない日々が続いているが、連日のUNO1チャンネルの投稿で、様子は伺い知れることとなっていて、

ひとまずは落ち着いていらっしゃることと思う。

 

日本のネイサンファンは、一時、「日本にマンション借りた方がよくね?」というくらい来日してくれていた。

しかし、いくらフットワークの軽い彼でもコロナには勝てない。

そして先日のSNSの騒ぎのせいなのか、五輪シーズンに万全を期すためなのか、

ここのところネイサンの姿が見えない。

 

今にしたら、以前の海外の昌磨ファンももどかしい思いをしていたんだろうな、と

思う。

今日本、いや、世界のネイサンファンももどかしい思いでいっぱいなんだろう。

 

 

いくらSNSが発達しても、発信する側の意思によって、こんなに距離を感じてしまう。

 

本当にコロナというのは、何の意味を持って産まれて来たものなのだろう。

人類への警告なのか。

もしくは恐れを知らない人類の副産物なのか。

 

これだけ人類を身体的にも精神的にも、経済的にも多角的な面で

痛めつける災厄は想像しうることができなかった。

 

そして昌磨がこんなにも、八面六臂の活躍をする、ということも想像しうる事ができなかった。

 

コロナさえなければ、ネイサンはワールドは5連覇だったろうし、

昌磨も中止になったワールドはもっと良かったと思う。

でもそれは、あくまで想像と仮定の話で、現実は違う。

 

アスリートというのは、どうしてこんなに刹那的なんだろう。

だから一瞬の煌めきを逃してはいけない気になる。

 

今、東京パラ五輪が開催されているが、彼らを見ていても、

この大会に賭ける思いが伝わってきて、時として胸に迫り、涙が溢れそうになることもある。

 

でも、どんなアスリートもその一瞬に賭ける思いのために努力し続けている。

 

なんとかして、色んな大会が無事開催されることを祈っている。

ここにきて、ネイサンの集大成の大会は、生観戦は叶わないと思い始めている。

 

でも、どうか。

無事に大会は開催されて欲しい。

そして、ネイサンも昌磨も然るべき表彰台の場所に立っている事を

願うばかり。

 

f:id:akochanm:20210827091357p:plain

【今日の独り言】

恐ろしいくらい、ブルーな自分に気づく。

いけないとは思いつつ 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村