とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

カオリ・サカモト 彼女の進化が現れたスケアメ

怒涛の男子が終わり、今度は女子のFS

 

坂本花織選手のFSがずっと気になっています。

 

たしかにリショーさんの意図はわかる・・・・が、

難しい。

彼のさかもっちゃんへの期待の大きさがわかるだけに、

本人も納得して滑り込んできたに違いない。

 

しかし、五輪シーズン前に、十八番プロを作ってしまった選手は、結構イタイ

(んではないのかな)

 

そういう面では、オーサーはうまかったな。

キム・ヨナに五輪シーズン「007」を与えた。

 

マトリックスは、もはや「カオリックス」とまで呼ばれるまでになった。

しかし、私は見ている。

グルノーブルで苦しんでいる彼女を。

(しかしあの時のグルノーブルってどんな大会や・・・・)

 

それを乗り越えた彼女だから、きっと五輪には素晴らしい完成系をもって来れる・・・!!

 

そういう思いで、早朝、配信をクリックした。

寝坊しましたので、すでにさっとんは終わっていて、ユ・ヨン選手だった。

あぶない、あぶない。

 

どうやら、彼女もトンネルを抜けたようだ。

 

そして坂本選手のスタート。

 

f:id:akochanm:20211025091521p:plain

 

この表情。

ちょっとドキリとした。

いつの間にかこんなに綺麗になっていたのか。

 

国内大会で、完璧にこなせなくて、苦しんでいる彼女を見ていたが、

スケアメの彼女は違った。

 

スピード感あふれるスケーティングからは、パワフルなエネルギーが

感じられ、あっという間の4分だった。

 

専門的な事はあまりわからない私ですが、魅了される演技というのは

体感時間が短い。

 

正直、「うまいな」と思う演技でも「あれ?長いな」と思うものはある。

 

今回のさかもっちゃんの演技には、それがなかった。

 

少し前の試合とは全く体感が違った。

 

同じプログラムでも、シーズン初めと後半ではまるで違う事も多々ある。

 

点数は思ったより出ていなかった。

が、収穫はあった。

 

PCSが全選手中TOPだったこと。

これは今シーズン後半に向けて好材料である。

PCSというやつは、なかなか上がらないものだから。

 

No More Fight Left In Me」

 

北京に向けて、まずは良い滑り出しだったと思う。

 

正直、FSは変えた方がいいんじゃないか、という私の感想を

見事破ってくれてありがとう。

 

この演技も、早朝、パジャマ姿でスタオペした。

 

NHK杯も、テレビ前アリーナでスタオペできると信じてる。

 

【今日の独り言】

しかし、NHK杯かぁ・・・・

今年のアサイン、色々おかしいけど、神戸組にはいつも辛い。

スケ連は国際的に期待されている選手を潰したいのか。

理解に苦しむ。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村