とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

日本アイスダンスペアの進化にびっくり。

もうじき、アイスダンスのFDが始まります。

 

昨日は、かなだいの演技にまた、びっくりしました。

 

昨年のNHK杯では、本当にびっくりしました。

ペアを組んでこんなに浅いペアとは思えず・・・・

現地から思わずプログラムをアップした記憶があります。

 

今年もまたまたびっくりしました。

懸案だったツイズルは改善され、哉中ちゃんが主導権を握っていたと

思われる(失礼)リフトも力強く、安定感がグッと増していました。

   f:id:akochanm:20211113145218p:plain

 

あと、アイスダンスあるあるなんでしょうが、ただ手をつないでリンクを周回しているだけでも、足が合っている。

 

フランス杯でパパシゼを見た時、そうなんだ~と思ったんですが、

今回かなだいもそろっている(当たり前なんでしょうか)

 

ただ、結成して間もないカップルが、ここまで息を合わせるというのは、

どれだけ努力してきたか、という事を考えると本当にミラクルです。

 

SPを観終わった時。

「なんだよ~、またすごい進化してるじゃん」とため息。

 

点数もまた自己最高得点を。

あ、ISU公認大会でしたね。なのに初で、この高得点。

キスクラでは、ズエワ先生も一緒に笑顔。

 

その後、チームココの演技。

彼らも気合十分。

特に美里さんの迫力たるや・・・・・

ティムコレトさんは、本当にイケメン。

一度、カフェで生コレトを拝見した事があるのですが、顔が私の手のひらと同じくらい

でものすごく小さいのです。

 

最初わからなくて、あの外人(古い人だな、私)イケメンだな、と思ったくらいです。

 

しかし、点数はかなだいには一歩及ばず。

でもそんなに点数差はないですし、FDでどうなるか。

あと、やはり全日本ですよ!

こうやって、お互いにレベルアップしていくのを見ると、ゾクゾクします。

 

髙橋大輔がアイスダンスに転向したことにより、アイスダンスが全部地上波に。

そして今までシングルでは満席になっても、ペアやアイスダンスでは客席は

まばらだったのが、いまや、キチキチ。

 

さいたまワールドのパパシゼですら、スキスキだったのですよ。

信じられない。

 

そして全日本王者も、発奮して、負けじとレベルをあげてくる。

しびれる展開です。

 

もうじき北京の椅子を争う、ひとつの戦いが決まります。

 

会社のPCでこっそり見ます(笑)

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村