とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

SNSでの個人攻撃に、疲労困憊。

 

ここのところ、憂鬱で、ブログをアップできていません。

なぜなら、SNS上での戦いを見ると、うんざりしてきたからかもしれません。

 

 

四大陸が終わった2月10日

とある投稿が、SNSにあがった。

 

それは、 四大陸での羽生選手への厳しい意見だった。

 

内容はちょっと個人的な主観が入った感想でしたが、それにぶらさがっていた、

コメントたちがものすごい。

 

たぶん羽生さんファンなのでしょう。

演技が最低、と言われて反発していました。

それだけならいざ知らず。

コメント主について調べ、「そういう資格があなたにはあるのか」

など、もっとすごいことがありましたが、チラと見ただけで、怖くなった。

炎上どころの騒ぎではない。

 

ある意味、集団リンチにあったようなものだ。

 

前、週刊誌でみた、いじめ。

夜の学校に呼び出し、集団で殴り、その子に後遺障害の残る重傷を負わせた。

本屋で立ち読みしただけですが、背筋の凍るような記事だった。

 

SNS上ではその人の本体にけがを負わせることはできない。

でも、心に傷を負わせることは十分可能です。

そして社会的に抹殺することも可能です。

 

前に、あおり運転事件の時、誤った人のSNSに、世間の人々が

どんどんと悪質なコメントを書き込み、その人の会社にも電話などが来て

社会的な地位まで脅かすようなことがありました。

 

本人たちは、正義感かもしれない。

でも、正義感でやっていいことと悪いことがあります。

その人がたとえ犯人だったとしても、追い詰める権利が一般の人にあるのか。

 

今回のコメントについて、反論できるのは、羽生陣営だけ。

でも、これは演技への感想ととれるので、それも叶うかどうか。

 

みんな本当の正義のためと思ってやっているのか。

閉塞感からの鬱憤がたまって、噴き出していないか。

それを正義にかこつけて、吐き出しているのではないか。

 

あなたたちの不満=羽生さんの不満、ではない。

勘違いしないほうがいい。

 

こういうものを見るたびにうんざりして、それが羽生さんのイメージダウンにつながるとは考えないのか。

浅慮も甚だしい。

 

すでに選手たち(ネイサンも言っておりますが)、試合は試合で、自分を特定の選手と比べてはいないのです。

 

自分の応援している選手が、幸せそうに滑っている姿を見たくないですか?

 

全日本の昌磨の演技。

あれは、ファンに取ったら涙が出るほど、うれしかったと思います。

私もうれしかったし、多くの人が、幸せな気分になれたと思います。

 

選手をそういう気持ちで送りだしてあげませんか。

場外乱闘は、カウント外です。

そこで勝っても選手にはメリットはありません。

 

私もネイサンに残り少ない選手生活において、満足のいくスケートができるよう

応援したい。

それが自分にもパワーとなって、返ってくるから。

 

私だって、色々思うことがあります。

でも、人を攻撃するのは違うと思います。

 

いずれ私もこんなタコ殴りされてしまう日が来るのだろうか。

怖いなぁ。

 

全員応援なんて、きれいごとはいいません。

自分の推しだけ、応援すれば、いい。

ただ、自分の応援している選手が、悲しむようなことはしない。

現に、ネイサンファンの私ですが、フランス杯、見に行きましたが、昌磨ショックで

十二分に楽しめませんでしたから。

 

今晩からチャレンジカップが始まります。

コロナウィルスなど、色々不安要素はてんこ盛りですが、

選手が健康で、ベストな演技ができるように。

 

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村