とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

違和感しかない、GPS開催報道

正直びっくりしました。

 

開催するんだ!

予定通りに。

 

選手にとってはすばらしい事だけど、

対策を万全にしないと、大変なことになる。

 

 こういう時には、小塚くんの発言は的を得ている。

 

 

選手は危険にさらすが、ISUの会議は危ないからオンラインでね、では

納得感はまるでない。

 

10/23からのスケアメまであと2か月半程度。

まだアサインも決まっていない(実は決まっているが、発表してないだけか???)

この時点で色々決まっていないと、大変なのではないか。

確かに、プレオリンピックシーズンに、チャレンジャーシリーズはないわ、

GPSはない。そして

ナショナルだけはやるかもしれない。

ワールドだけはやるかもしれない。

では、選手のモチベーションが大変な事になる。

 

しかし、各国の渡航制限はどうなるのか。

以下、今年のGPSの予定です。

 

スケアメ(ラスベガス)  10/23~

スケカナ(オタワ)    10/30~

フランス杯(グルノーブル)11/8~

ロステレ(モスクワ)   11/20~

NHK杯(大阪)     11/27~

GPF(北京)      12/10~

 

 
 
8/4時点。日本からは、どの国も危険レベル3に該当し、
 
渡航できない。
これから2か月半の間に、渡航制限が解除になる予想が立てられるのか。
そしてたぶん、自主隔離期間もできるだろう。
試合を挟んで前後2週間ずつ隔離されていたら、連戦の人は試合に出られない。
スケアメとロステレです、って選手なら、ギリギリ大丈夫かもしれないが、
練習はどうなる。
 
 
GPFだけは年明けにずれ込むかもしれない、というニュースだが、
北京に行きたい・・・かなぁ???
確かに今の最大の感染大国はアメリカだが、原因はそもそも中国である。
 
かくなるうえは、開催概要を早く作成し、
発表することだ。
 
このままでは、開催されないかも、と疑心暗鬼しか生まない。
 
しかし・・・・振り付けもままならないこの事態で、本当にやるのだろうか。
 
もはや無観客ならいい、という事態ではない。
国から国を移動する選手とそのコーチに、ジャッジ。
組織委員会の方たち。
すべてを危険にさらすような事があってはならない。
 
スポーツは、なくてはならないものではあるが、
命に代わるものなどない。
 
とはいいつつも、私の心の中で、今年のネイサンのプロが見れるかもしれない、という
激しい喜びと、もし、罹患してしまったら、という激しい心配がせめぎあっている。
 
 

f:id:akochanm:20190731144517p:plain

こんな時代が戻ってくるのだろうか。
 
観ていたら、悲しくなってきた。
 
せめてアスリートファーストであるように祈るのみである。
 
【今日の独り言】
GPS無理じゃん!といっているそばから、JALのHPや
外務省のHPをチェックしている自分に気が付く・・・・
 
 
 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村