とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

情報だけでもドキドキ。 DOI&2020ワールドチケット

 

 

 

 

 

 

 いよいよ週末はDOIですね。

CSチャンネルのテレビがリビングなので、チャンネル権争いになる、と想像し、

昨夜、家人の前で

「12日の夕方と13日の午後は、ここでアイスショーを見る!」と

高らかに宣言しておきました。

 

DOIはここのところ、毎年見ているショーなので、

開催してくれて、とてもうれしい。

みんなの新プロが発表されてとてもうれしい。

 

ゆまちも予告どおり、海外の振付師に!

しかも、ローリー!!

楽しみでしかない!!!

 

news.yahoo.co.jp

 

正直、佐藤駿くんがリショーさんプロにした、と聞いたとき、

「ゆまちのが踊れるで」と思った。

でも、よくよく考えてみると、抒情性とか考えると、

ゆまちがローリーに頼む、ということは、北京を見据えて、

陣営が考えに考えた結果だったと思われる。

 

確かに女子以外、ローリープロって目立ったのがない。

ソチの大ちゃん、ハンヤン・・・

(おっと・・・ボーヤンのスパイダーマンは名作となった)

でも、一番表現できていたのは、故デニステンではないかと。

 

201-2015シーズンの「caruso」がいまだに忘れられない。

 

素敵な振り付けになっているといい。

明日が楽しみだ。

 

そうこう言っているうちに、ワールドチケット情報がチラホラ

販売は10月に延びた。

まだまだコロナで見通しが立たないからだろう。

 

今のところ、入場人数を抑えて開催するようだが、

場合によっては無観客もあるのだろう。

 

stockholm2021.se


 

f:id:akochanm:20200910164808p:plain

 もちろん、私はいけないし、いかない。

でも、北京の後のワールドは、なんとしても行きたいと思っていた。

 

これからの国際大会は、いつ行われるか、いつ中止になるか、わからない。

つくづく、昨年、フランス杯に初遠征してよかったと思う。

 

ネイサンに昌磨、ザギちゃんにポンさん、マライアちゃん、さかもっちゃんに、わかばちゃん、パパシゼも出ていて、とっても楽しい大会だった。

(昌磨ショックはかなり後を引いたが)

 

もう、あんなに自由に見ることは敵わないのか。

さいたまのワールドですら、(アイスダンスとかペアの時間帯は)かなりフリーダムだった。

 

選手も観客も緊張したり、楽しんだり、やはりライブというのは魅力です。

 

ということで、行きもしないストックホルムへのエアチケットや、ホテル、

ワールドならどこに座りたいか、考えたり、検索してみてる。

(くどいようですが、行きません)

 

そしてどこの席に座ったら、どんな風に演技が見られるか考えている。

(今年はみんなの新プロがわからないから、見当がつきにくい。

昌磨はばっちりわかるが・・・・・)

 

そしてどんなバナーを作ろうか考えている。

(今年は作りませんが、ネイサン、はよ、今年のプロ情報を!)

ネイサンバナーがそろそろ古くなってきた。

ネメシスバージョンなので、刷新したい。

五輪シーズンには必ず・・・・・・

 

 

ええ、妄想ですよ。

でも、それだけでも今は楽しい。

これが「開催しません」だったら、検索もしないだろう。

まだ、希望があるうちは、夢が見れる。

 

早く決断を、という声もあるが、選手のためになるのが、開催なのか

中止なのか、はしっかり考えてほしい。

収益云々いうなら、グッズを売るしかない。

配信もして、有料にすればよい。

 

来年の北京もどうなるか危うい中、現役選手はひたすら前を見ている。

 

そんな情報の一端に触れて、ドキドキしている。

 

明日はもっとドキドキさせてくれるのだろうか。

楽しみですねっ!!

 

【今日の独り言】

ゆまちがローリー、と聞いて、快哉をあげたのは私だけではあるまい。

浅田真央の系譜になること、間違いないと思うのだが・・・・

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村