とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

ゆまち、4Lz跳んでるってよ。

 ワールドが終わって、そろそろ新シーズンに向けての準備が着々と

進められていると思っていた矢先に飛び込んできたこの情報。

 

 

 

所属先とか、首長とかにご挨拶ですね。

昌磨先輩もやっておられますね。

 

f:id:akochanm:20210519143712p:plain

市長とゆまち

 

そこでなんと、4Lzを一日に一回は着氷できていると発言したとな?

ワールド終わった段階で、チャレンジしたいと言っていたが、まさかもう完成に近づいているとは!!

 

思えば4Sも昨シーズン入れてきて、いきなり実戦で高い確率で成功させてきている

ゆまち。

このままだと、五輪では4T、4S、4LZの3種類の4回転で臨むのか。

 

前にもつぶやいた気がするが、オリンピックシーズンは、びっくりするような新星も出てくるし、躍進も多い。

ネイサンも、ザギちゃんも、思えば昌磨も、羽生さんも。

ゆまちもその系譜にあたるのか?

 

世界フィギュアで結果を残したのだから、十分資格はある。

ただ、彼も言っていたとおり、今シーズンは異質なシーズンだった。

海外拠点にしている選手は、軒並み大変だったろう。

 

ゆまちは大変だったとはいえ、国内でかなりの試合に参加している。

東日本、関東、NHK杯、インターハイ、国体・・・

ただプログラムが都度変わると言ってもいいくらいの大変なシーズンでもあった。

それでも、大舞台ではキッチリと結果を残してきた。

 

成長する時期というのは、こういうものなのか。

寝て起きたら、成長している。たけのこのようだ。

もちろんものすごい努力をしている、ということを加味しても、

この成長はすごいことだ。

 

10代の吸収率と体力には、やはり改めて驚かされる。

 

だからと言って日本の2大エースも黙っている訳ではないと思う。

 

奇しくもこの間のワールドは、不本意な結果ではあったが、このままで

終わらせる彼らではないだろう。

 

www.fnn.jp

 

ただ、ひとつ。

スポーツは、体力がまず基本である。

加齢による衰えはどうしようもない。

20代前半と20代後半の彼らが、10代に対してどう戦っていくか。

 

ただひとつ言えるのは、この間のワールドで、ゆまちが羽生さんに勝ったという

事実はフィギュア界に衝撃を与えたと思う。

 

そして羽生さんが、ここぞ、という時しか入れられない4Lzをかなりの精度で入れて、

ローリーの神プロが加算されたら・・・・と考えると

ゆまちの「表彰台を狙う」という目標も、現実味を帯びてくるというものだ。

ソチの羽生さんの勢いもすごかったが、シニア二年目でここまでくるとは、

ネイサンの勢いに近いものを感じずにはいられない。

 

まずは8月のサマトロでしょうか?

楽しみですね。

 

そしてゆまち。

JOC杯受賞おめでとう!!

news.yahoo.co.jp

 

【今日の独り言】

ところでゆまちは、「スケーター・オブ・ザ・イヤー」を受賞したとのことですが、

例年、スピスケの選手が取ってるんですかね?

知識不足で申し訳ない。

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村