とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

フィギュアに、はしゃぎきれない私がいる

ここのところ、更新ペースが落ちている。

それほど期待されているブログではないが、自分の気持ちを整理したり、

ぶつけてみたり、うれしい気持ちを誰彼かまわず投げかけてみたくなったりした時に

投稿している。

 

実は、投稿しかけて、途中のものがてんこ盛り下書きに残っている。

 

昨シーズンまでは、熱に浮かされたように更新していた。

でも今シーズンは、なかなか進まない。

 

試合がないから?

アイスショーがなかったから?

 

多分それも大きいのだろう。

しかし、たぶんそれだけではない。

 

情報が少ないからこそ、Twitterの小さな情報までアンテナを張り巡らして、

自分で萌えネタを想像したりしていた。

 

でも今年はなんだか、憂鬱なのである。

コロナで、自分の勤める会社が大変であること、とか、毎日浮かないニュースばかり、という事、身内で色々トラブルがあり、正直趣味は二の次っていう事もあった。

 

この間久しぶりにJOだったり、スケアメのネイサンを観た時は、心が震えましたが(大げさ)その後は些末な日常に戻って行った。

 

試合がないわけじゃないのである。

現実に関東選手権も中部も西日本も東日本もあったし、そしてゆまちにもワクワクしているし。

 

そうこうしているうちに、11月も半ば。

二週間もすれば、NHK杯も開催されるというころ、

私と同じように感じている方がいるのをTwitterで拝見した。

 

その方も昨年のように、選手への愛が炸裂していない、と。

はしゃぎ疲れたのか、コロナのせいなのか、プーシャワーにやられたのか不明のようです。

 

私ははしゃぎ疲れたとは思えないのです。

現実に、自宅に帰って、空白の時間、ぼーっとしている時がある。

そしてタイムリーな話題を避け、ん十年前の文庫本を引っ張り出して読んでいる。

 

なんとなくわかったのは、やはりコロナと加齢ではないかと思う、ということ。

加齢と言っても、老いたという意味ではなく、過ぎ去った日はもう戻らない、という

もののあわれ、というのが正しいと思う。

 

昨年が楽しすぎた。

さいたまワールドには行けたし。

SOIも行った。

国別にも行った。

THEICEも新潟以外全部行った。

JOも、CAOIも制覇し、

あまつさえ、フランス杯まで行った。

そして雪辱の全日本まで。。。。。。!!!

 

それに比べ今年はどうだ。

リモートでは見ているが、いまいち盛り上がりに欠ける。

たとえ行けなくても、ライブがある、というだけでテンションというものは

あがるものだ。

 

昨年より、スケートにお金をかけていないので、少し口座にゆとりはできたが、

そういう問題ではない。

 

自分でも、気が付かないくらいの、鬱になってやしないかと、

自分を心配している。

 

そんな中、某H選手のファンのパワーがすごいな、と感心する。

ネイサンや昌磨は、度々SNSで所在を教えてくれて、何をしているか、

わかるようにしてくれている。

たぶんスケーターの中で一番わからないのが、その選手だと思う。

 

なのに、彼女らの情熱はすごい。

いい意味でも悪い意味でも、すごい、と思う。

 

モチベーションを保つのは、すごく難しい事。

なのに、自分の推しを褒めたたえ、TLをいっぱいにする。

彼から何の情報が発信されなくても、だ。

 

すごい。

ライバル選手達が発信すると、自分の推しを忘れないで、と言わんばかりに、

投稿される。

 

私は平等主義ではないので、どうでもいいのだが、彼女らのモチベーションは

すごいと思う。

たぶんコロナ鬱にはならないだろう。

 

私のモチベーションはいつ戻るだろう。

それよりも心配なのは、選手達のモチベーションだ。

 

世の中には、「この時期に試合なんて」

「こんな時にオリンピックなんて」という方もいる。

確かに命より大切なものはない。

 

しかし、いつ止むかわからないコロナ禍において、ずっとイベントを中止し続けるのが

正しい事なのか、どうか。

 

なんて考えていると、また暗くなってしまう。

 

年が明けたら、消えてなくなればいいのに!!

 

 【今日の独り言】

ザギちゃんも日本が恋しい・・・と言ってくれてる!!

来年はTHEICEできるかな???

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

Alina Zagitova(@azagitova)がシェアした投稿

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村