とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

有言実行 鍵山優真

NHK杯 男子FSも終了しました!

 

優勝は、鍵山優真 17歳

 

先日の東日本選手権のキスクラを見た時、心が痛くなりました。

のちに、ぱぱちに逃げずに頑張った、という言葉で泣いてしまった、ということを聞き、少し安心したのですが。


f:id:akochanm:20201129033102j:image

いや、推し選手が毎年泣いても困りますがな。

 

昨年の全日本フィギュアの入賞コメント

「表彰台の真ん中の景色を見てみたい」

 

先輩方、ビックリしてました。

昌磨先生は「僕は絶対言えない」

羽生さんは、その時は明言してませんでしたが、似たようなことをのたまってました。

昨年までは、同級生の佐藤駿くんに対して、「一緒に頑張ってきたライバル」と言っていたが、NHK杯の前には「僕の目標はもっと、先」と駿くんファンから、もの申されるような発言してましたが、いや恐れ入りました。

 

五輪を知る男、ぱぱちに言われてたからでしょうね

日本でトップ争いをすることは、世界のトップと争うことと同じ。

 

お父さんのいうことをしっかり受け止めた結果でした。

 

点数は非公認とのことですが、(ISUケチだな!)優勝というのは、ものすごくプレッシャーがかかっていたと思います。

 

これを乗り越えた先にチャレンジする選手と戦えるのです。

 

昨年の全日本では、驚いていたぱぱち。

今日は、泰然とした様子が印象的でした。

 

あくまで、目標への通過点だ、と言わんばかりの。

 

昨年は、まだ可愛らしい少年が上手に滑っているといったところだったが、今日、リンクに立っていたのは、オリンピックを目指す一人の青年に見えた。

 

見事優勝という栄冠を頂いた、その青年は、インタビューでは「お父さん」と言ってしまう、少年に戻っていた。

 

どうやら、FSは、今年のスケアメのネイサンより上だったらしい。

 

羽生さんと昌磨先生は、今年、まだ実戦がない。

その彼らとどう戦うのか。

そして、(機会があれば)ネイサンと戦う時、

どんな表情を見せてくれるか、楽しみで仕方ない。

 

【今日の独り言】 

男子第二グループになっても、さかもっちゃんに勝ってる選手がいなくて、勝手に焦ってました。

けっきょく、ゆまちのみ。

でした。

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村