とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

NHK杯 アイスダンス村元・高橋ペアにビックリ

すごい事になってる。

 

昨夜、NHK杯の会場から宿に帰りつき、テレビをつけたら、スポーツニュースのフィギュアは、まずアイスダンスから。

 

今まで、こんな事があったでしょうか。

(昨夜は、アイスダンス+かおちゃんが多かったが)

 

確かにすこいことだ。

何がすごいかというと、高橋大輔のブランドと、村元・高橋ペアのポテンシャルだ。

 

アイスダンスはあまり詳しくないが、

(白のファルーカ時代のルール程度)

まずは、ユニゾンだよね。

それがかなり出来ててビックリ

大ちゃんは、音を感性で感じて動ける人だけど、人と合わせられるのか、というところ。

 

一言でいうと、かなり合ってた。

ステップはさすがだった。

課題はリフトなんだろうな。

思ったより、かなりスムーズだったが、

あれは哉中ちゃんの力が大きいと感じた。

普通(かどうかわかりませんが)、男性のサポートをかなり感じるのだか、哉中ちゃんは、「ほら、リフトよ!そっちにいくから、手を出して!」と言わんばかりに、

大ちゃんに飛び込んで行ってた。

男性に回されてるのではなく、ポールダンスのように、(あの)高橋大輔をポールにして、くるくる回ってるように感じた。

 

いや、すごいものをみた。

本当に自立してるペアなんだ。

(というより、女性に引き上げてもらってる)

 

正直にいうと、私はクリスと哉中ちゃんのプロは、あまり好みではなかった。

 

日本人だから、【和】を意識しすぎたのもは、苦手。

だいたいダンスは西洋のものなんだから、西洋のがあってるに決まってる。(すみません、このみです)

 

でも、今大会の、村元・高橋ペアのプロは、ホントにドンピシャだった。

さすが、ズエワさん、わかってる!

 

でも、「ラ・バヤデール」なんて、バリバリバレエプロ、大丈夫かな、と思ったけれども、結論から言うと

全然大丈夫

でした!


f:id:akochanm:20201129130725j:image

このラストポーズ、すごく素敵だった。

 

だけど、結成して一年経ってないのに、本当に素晴らしい。

確かに、ペア結成半年でとか、色んなペアがいると思うのですが、高橋選手は、

シングルだった。

現役選手としては、やや高齢←失礼

アイスダンスの靴を履いたこともない

というお方

 

そして、シングルでひとかどの成績をおさめ、世界一と称されていたので、ひとりで滑ることになれている。

 

こんな選手が、こんな短期間で、試合に出れるまで上達した、というだけでも感動です。

 

正直、真央ちゃんとのXOIを見たとき、

「これはちょっと…」と思ったことを思い出しました。

だって、シングルの選手でも、ジェフは全然出来てたもの!

 

今回、見直したのは、高橋大輔だけでなく、村元哉中というアイスダンススケーターでした。

 

いや、男前!

クリスとのペア解消から、モヤっていたのですが、こういう姿を見ると、姉さん覚悟決めてやってるんですね?!

と思ったのでした。

 

もちろん高橋選手の血を吐くような努力もあるのでしょうが、高橋選手にオファーした際、想定はしていたと思います。

それと、少しのバッシングも。

あの高橋選手と組むんだから、それなりになるのよね?というプレッシャーもあったにちがいない。

 

それをはねのけて、ここにある、という力強さを彼女に感じた。

 

これから、メキメキうまくなるだろう。

楽しみがまた、増えて嬉しい悲鳴だ。

 

もちろん、次のチームココの演技を見て、納得です。

まだ、彼らのが上です。

 

でも、いずれ、と期待したNHKフィギュア2020でした。

 

【今日の独り言】

バレエ、ズエワさんときたら、ネイサンの海賊見たくなってきた。

帰ってから見よう

←いや、かおちゃんと、ゆまちをリピートすべき?

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村