とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

ランビが昌磨に表現させたいもの

SOIの昌磨のボレロ、みました。

もちろんCS放送ですが。

 

   f:id:akochanm:20210425125139p:plain

 

 

昨シーズンとその前のシーズンから、初めて美穂子先生からのプロを離れて、新しい世界を表現しだした昌磨。

グレスピもDOMOも結果的に素晴らしいものとなった。

 

奇しくもこのプロは、新しいコーチを探している旅の途中ということと、

初めて他の振付師にお願いしたということが重なって、初年度はあのような状態になったのかもしれないな、と今にして思う。

 

美穂子先生み見てもらっていた時に、グレスピとDOMOをやっていたらどうなっていただろうか。

 

そこそこ成績は残せていたのかもしれない。

どん底はなかったかもしれない。

 

旅の途中でランビという魔法使いに出会って、今大きな旅をするための準備をしている。

 

今年も悪くない結果までは持っていけていたと思う。

でも、やはり昌磨の底力は、まだまだ十分に発揮できていないような気がしている。

 

以前に昌磨は「憑依型」と述べたことがある。

でも、今回のSOIでみた昌磨は、「憑依型」から「表現型」へ一歩踏み出した感が

見えた。

 

ボレロって難しい。

バレエの世界でも、王道ではない、覇道の頂点にある音楽ではないかと思う。

(私の勝手なイメージですが)

 

そして結構な人がチャレンジしている。

 

特にサラエボ五輪のトービン&ディーン組が有名だし、

THEICEでも真央ちゃんとジェフがコラボしていて素敵だった。

あの独特なリズムが印象的すぎて、どんなダンサーや踊り手もそのリズムに

囚われてしまって、印象が似すぎてしまうのが欠点。

 

バレエの世界でも、名だたるダンサーが挑戦している。

私は古い人間なので、ジョルジュ・ドンのイメージが強い。

 

つまりは挑戦し続けられているプロなのだ。

これにチャレンジするのは、安直か、ものすごいチャレンジの両極になる。

 

それを五輪シーズンで昌磨にやらせようと思ったランビの意図はいかに。

 

f:id:akochanm:20210425122845p:plain

 

きっと確信と信頼があるのだろう。

 

昌磨ならやれる、と。

昌磨なら、自分が思ったとおり以上のものを見せてくれると。

 

そのために今シーズン、大きな跳躍の前に沈むのも致し方ない。

(ワールド四位で何を言う)

 

そう思っていたのかもしれないな、と感じた。

 

そしてランビは、この新しい弟子が、自分の表現したいものを

一番と表現してくれると思っているのかもしれない。

 

きっとその片鱗が見えたのがワールドのFSかもしれない。

 

まだ短い期間ではあるが、こんなに愛し合って、信頼しきっている

コーチと選手もそうそういないだろう。

 

未完成のボレロを見て、幸せな気持ちになった休日の午後だった。

 

きっと近い未来に、ランビと昌磨の完成形が見えるにちがいない。

楽しみでしかたない。

 

 

【独り言】

これからSOI千秋楽ですね。

動画配信で見ることにします。

ハーレムの進化も楽しみです。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村