とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

美味しいかき氷を求めて

 

2019/04/07 掲載

--------------------------------------------------------------------

私はカキ氷が大好きです。

 

高校時代、納屋橋まんじゅうの茶店がJR千種駅から少し歩いたところにあって、

当時では画期的な、紅茶のカキ氷がありました。

 

清貧な私は、その当時サーティーワンアイスのダブルより高いカキ氷を

頻繁に食べることができず、1シーズン一回のみ。

そうこうしているうちにそのお店はなくなり、しばらく食べられなかったのです。

 

大学時代は、大須茶屋という店が栄には林立していて、(ういろうとかあんみつとかのお店ですね)そこで宇治ミルクばかり食べていました。

 

そのうち、世間は、HOBSONSとかハーゲンダッツの店舗が増え、

カキ氷の需要は少なくなり・・・

そのうち、ミニストップではハロハロが出てきて、

これはカキ氷の到来か?と思ったものですが、

本格的なものは、まだまだ先でした。

 

最近ついに、待ちに待ったかき氷フィーバーが到来しましたが、

そこにおいても、自分の好みのカキ氷とは、と

探し続けております。

 

昔なつかしい、イチゴ、レモン、ブルーハワイ

宇治金時、せんじ。

 

学校の帰りに先生の目を盗んで通った「製氷問屋」で

抹茶のカキ氷。

おばあちゃんが、抹茶を溶いてかけてくれるはいいのですが、

濃すぎて、たまにダマダマになって苦い抹茶だった(笑)

でも、それも美味しかった。

 

めずらしいものといえば、名古屋には、昔からフルーツショップで

フルーツをミキサーにかけてカキ氷にするお店が何店舗があって、

池下にあるフルーツショップごとう。

中区錦にあるPAPAYA(こちらはこの間行ってみたら、すしざんまいになってた)

など。

特にPAPAYAは、バブル時期のころ、夜しかやらないカキ氷屋で

かなり珍しかったですね。

(今はカキ氷バーとか、あるみたいですものね)

 

今は進化して色々ありますが、昔懐かしいもの、

結構なくなっているのですよね。

寂しいですね。

 

今年の夏はどんなものが出てくるか楽しみです。