とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

ノートルダムの火災について

2019/04/17 掲載分

-----------------------------------------------------------------------------------

 

おはようございます。だんだんとフリースのパジャマでは汗をかくような

気温になってきましたね(あたりまえ)

 

さて、昨日は衝撃なニュースが飛び込んできました。

ノートルダム寺院の火災と阿蘇の噴火です。

 

ノートルダム寺院の思い出

パリへ旅行へ行った人なら、絶対に一度は行くところ。

そしてパリの起点となるところ。

びっくりですし、ショックでした。

というのも、まだ20代のころ。

友達4人でパリへ旅行へ出かけ、その際にもちろんノートルダムにも足を運びました。

6月だったので、夜の10時くらいまで明るく、夏のヨーロッパって素敵!と思ったきっかけでもありました。

 

さて、ノートルダムに入りました。

私と友人一人はクリスチャンで、友人はカトリック、私はプロテスタントでした。

パリは、サクレクール寺院以外は、カトリックの寺院なので、友人は興味深く拝観していました。

みんなとは、ここを見終わったら、ホテルに戻り、夕食にしようねと話していました。

なので、比較的時間の制約も感じず、椅子に腰かけて寺院内のステンドグラスなどを

ゆったりとみていました。

すると突如、ドアが閉められ、ミサが始まってしまいました。

もう寺院から出るに出られず、1時間程度だったでしょうか。

フランス語の説教を聞き、讃美歌を歌う羽目に(笑)

讃美歌は知っていても、フランス語がわからん。

そして信者でもないのに、とがめられやしないかとドキドキしながら、ミサを受けました。

終わったときに、信者同士で握手をしたりするのですが、何か感銘を受けたかのように、いろんな現地の方から握手を求められた事を記憶しております。

トラブル=トラベル

今となっては笑い話で良い思い出ですが、その寺院が焼失したとは・・・

パリにおけるノートルダムって、日本の寺院よりその思いは強いと思います。

宗教の総本山でもあり、観光地としての機能と、パリとしての象徴。

世界中の色んな人の思い出が詰まっているところ。

 

財宝などは、助かったようですが、あの薔薇のステンドグラスは、もう戻らないでしょうね。

シャルトルの大聖堂のステンドグラスもそうですが、現在ではもう修復したり、作ったりする技術がないそうです。

こんなに技術が発達しても、もとに戻せないものがある。

だから大切にしていかないといけないのですよね。

 

その後、いろんな企業が支援を発表してたり、マクロン大統領も5年以内に再建すると。

そういえば、パリで五輪がありますもんね。間に合うと良いのですが。

私もささやかながら、募金をしたいと思います。

 

草千里について友人と話していたら

夕方、突然飛び込んできました。

福岡で、友人と「私、九州は高校生の時以来」と話をして、

修学旅行に阿蘇の草千里とかも行ったよーと話していた矢先。

平成も終わろうとしている時に、また災害が・・・

新しい時代には、何が起こるのだろう。

少しでも災害が少なく、平和に過ごせる事を願ってやみません。

 

前の会社の同僚も、若くして病気で亡くなった人。

事故で亡くなった人、家族を失った人。

たくさんいて、本人もその家族も「死」というものに、立ち向かって

精一杯生きていました。

安穏と生きていると忘れそうになりますが、生きてる事自体が

奇跡なんだ。感謝しないと、と都度思います。

 

https://b.blogmura.com/travel/francetravel/88_31.gif

にほんブログ村