とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

トゥルシンちゃんと、さいたまワールドの思い出

カザフスタンのエリザベート・トゥルシンバエワちゃんが、引退した。

 

彼女については、クリケットにいる時くらいからの認識で、

ああ、将来有望な選手なんだろうな、と思っていた。

 

針金のように細くて、あんなに細くて跳べるんだろうか、という印象だった。

今にして思えば、今のロシアの女子たちの体形だったのだ、と・・・・

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Elizabet Tursynbaeva(@elizabetkz)がシェアした投稿

彼女についての思い出は、2019年のさいたまワールド。

この大会で、彼女は世界選手権で、シニア女子で初めて4Sを成功させた。

成功した時は会場が割れるような歓声があったのを、記憶している。

 

あと、号泣したのは、彼女のエキシビション

テン君の追悼プロだったこと。

冒頭にテンくんの映像が映った時は、胸を突かれた。

地上波の映像には映らなかった。

(CSでは映っていた)

 

彼女はクールビューティーなスケーターのイメージがあったけど、

きっと心の中にテン君がいたんだろう。

それだけで、涙が出てきて・・・・・・

 

彼女はとても強いスケーターのように感じていました。

カザフスタンの女子は、彼女くらいしかいないし、

カナダへ行ったり、ロシアへ行ったり、孤軍奮闘していたイメージです。

 

でも、きっと、先駆者であるテン君の存在は、とても大きかったんだと

その時改めて、テン君の存在というのは、色んなところで大きかったのだな、と

思ったのでした。

 

ワールドではオフィシャルにはテンくんの事は何も触れられなかった。

でも、トゥルシンちゃんのエキシの時に映像を流す許可をくれたり、

さいたまスーパーアリーナで、テン君の展示が許されているところを

見て、なんとなく、感じました。

本当はもっと大きく取り上げてほしいとは思いましたが、自分に個人的な

感情が入っているので、それが正しい判断かはわかりませんでした。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Denis Ten OFFICIAL(@denisten_official)がシェアした投稿

 

以前、ブログでもつぶやきましたが、ローリーがここに訪れているのにも

遭遇しました。

ローリーは泣いていました。

本当に愛されていたスケーターなんだな、とそこでもまた胸が詰まりました。

 

そこで買ったマグネット。

金額は特に決められていないので、と言われたので、

財布の中の小銭と札を少し入れさせていただきました。

(あとから考えたら、小銭は迷惑だったかも!)

     f:id:akochanm:20210923083913p:plain

 

とってもかわいい。

これを見るたびに、喪失感と、運命の残酷さを感じます。

なぜ、あの人が、とよく言われますが、本当に「なぜ」なんでしょう。

 

神様はその試練に耐えられない人には、試練は与えない、とも聞いた事が

ありますが、そんなの不公平ですね。

 

うちの親族には、クリスチャンが多くいるのですが、

私も小さい頃、カトリックの幼稚園に通っていましたし、

教会の日曜礼拝にも出ていました。

もちろん洗礼も勧められましたが、結局洗礼を受けないまま、

教会に行くこともなくなりました。

 

神の存在は否定しませんし、信じています。

でもきっと幼いころから、人は不平等なもの、という概念がずっと拭い去れず、

そのことを叔母に話したところ、「あなたはひねくれている」と一蹴されました。

神の前では平等かもしれませんが、やはり平等ではないと思います。

 

などという事を、テン君の事件で思い出し、そのため頭の中で色んな事が渦巻き、収集が付かなかった記憶があります。

 

さいたまワールドは、ネイサンとザギちゃんが優勝したので、最高の思い出でしたが、

ちょっとほろ苦い思い出があったということ。

 

それが 2019 世界フィギュアスケート選手権についての

ひとつのエピソードです。

 

いよいよ本格的に試合のシーズンに突入します。

 

コロナなしでは語れないここ最近のフィギュア界。

どんな一年になるだろうか。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村