とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

NHK杯 初日雑感

やってきました!

ラクタブドーム!


f:id:akochanm:20201128104533j:image

 

うっかりパンフレットを通販です購入し忘れた私は、到着と同時に購入。

そうしたら、会場から友野くんのSPの音楽が流れてくるではないですか!

あわてて場内に入り、ゆまちと、デカの公式練習を見ることができました。 

 これですよ。

試合に来たぞ、って感じです。

 

なんか、久しぶりに生の試合が開催された、という興奮で語りたいことはたくさんありますが、特にきになった選手を2~3

 

三原舞依選手

坂本花織選手

三浦佳生選手

鍵生優真選手

村元哉中・高橋大輔ペア

を語ってみたいと思う。

 

三原舞依選手

昨年は病気療養のため、シーズン全休

筋肉は落ちてしまい、ほっそりとはいい言い方だが、正直、ガリガリだった。

しかし、この方、滑りきるのである。

神戸組特有(笑)のパワフルさは、なかったが、滑る喜びに、あふれたスケートに場内総スタオペ。

彼女も嬉しさを隠せない笑顔で、キスクラに。

点数が、コールされる

63,41

会場のモニターに映った彼女の顔がにほんの一瞬、陰が走ったが、滑りきれた喜びに隠された。

 

坂本花織選手

彼女の試合は、名古屋のインターハイ、さいたまワールド、フランス杯と、四回目だか、生で見ると迫力が他の女子選手と段違いだ。

今回も、六分間練習ではひとり男子が混じっているかのようだった。

 

あとから、テレビで荒川さんが

「彼女は緊張を吹き飛ばす強さを持っている」と評していたのを聞いたが、私はあまりそうとは思っていない。

私見であるが、彼女は、さっぱりした人柄に見えるが、プラス、とても繊細な女性であると感じてる。

彼女の周りを明るくする力は、周囲への思いやりだ。

決して天然キャラではない。

だから、周りをがいればこそ、強くもなれるし、崩れてしまうこともある。

今シーズンの彼女は安定してるように見える。

それは、きっと三原舞依ちゃんがそばにいるからではなかろうか。

彼女の強さが、カオリサカモトを強くした。

75.60

PBではないが、まずは一歩踏み出せた。

彼女は日本のエースとなれるポテンシャルを持っていることを証明できた。

 

三浦佳生選手

 

関東三羽烏のひとり

他の二人より学年が下なので、まだ同じ舞台にはなかなか立ててないが、今回会場で見て、びっくりした。

色気のあるスケーティングだった。

まだ、中学生なのに、これは個性だ。

ジャンプ、スピンのまとまりがまだまだだけど、ポテンシャルは示せた。

また、全日本が楽しみになった。

 

そして、われらがゆまちこと

鍵山優真選手

 

さすがである

みんなも本人も語っているが、最後の3Aさえ成功していたら、すごい点数が出ていたはずだ。

全日本の真ん中を狙える。

ローリープロは、派手ではないが、地味に難しい。

かつて小塚くんが「休む暇がないんですけど」とローリーに言ったら「ステップしながら休んで」(だったかな)

と言われたほど。

真央ちゃんがサクッと滑っているが、忘れちゃいけない。

ローリープロは難しいのだ。

シニア一年目でこれだけ滑りこなせる

鍵山優真がシニアにきた!

と高らかに宣言したのだ。

 

全日本が少し怖くなった(笑)

 

村元哉中・高橋大輔ペア

 

まず驚いたのが、タイムスケジュール

いつだって、アイスダンスは、シングルの前だった。

今回は女子シングルと男子の間にはめ込まれている。

これだけでもすごいことだ。

NHK杯は、他の大会と違い、地上波、BSで放送される。

でも、きっと今度の全日本。

フジテレビだが、きっと地上波で放映されるだろう。

それで、西岡さんか、スーさんが解説する。(笑)

 

アイスダンスは、細かいルールはわからないが、まずユニゾンだと理解してる。

その一歩は、歩み出せている。

すこし、ツイズルでふらついたり(大ちゃんが)、リフトの時に戸惑ったり(大ちゃんが)

いろいろあるようだか、滑り込めば解決する問題だと思える。

真骨頂は、たぶん今日のフリーなんだと思う。

楽しみで仕方ない。

 

【今日の独り言】

会場での観客のマナーにも感動した。

たまに、思わず漏れたため息のようなもの以外は、歓声が発せられることはなかった。



 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村