とかくに人の世は住みにくい

趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

夢、やぶれて inさいたま

まさか、SPのプロのタイトルがその通りになってしまうとは。

         

全日本フィギュアスケート選手権が終わり、北京五輪、四大陸、

世界フィギュアの派遣選手の発表があった。

 

全日本では台乗りを逸した三原舞衣選手。

でも、スケート連盟が出していた基準には達していたので、

五輪候補であったと言えよう。

 

しかし選ばれたのは、全日本で3位となった河辺選手。

 

男子の1位から3位はまぁ、納得だが、混戦の際にもめるのは、

複雑な基準を設けてあるからだ。

 

シーズンTESランキングだの

シーズンベストスコアだの

シーズンワールドスタンディングだの

ワールドスタンディングだの。

 

選ばれた河辺選手も、びっくりしていた表情に見えた。

 

若手選手の将来についてなら、なんでランキングだのベストスコアだの

基準に持ってきたのだ?

 

言えばいい。

 

団体戦こういう戦略があるから、この選手にした、とか。

枠取りをするからこの選手だ、とか。

3Aを2本入れれるから、こういう基準にした、とか。

 

もっと言えば。

理屈はないが、私たち(連盟役員)がいい、と思った選手を選ぶ、とか

いっておけばいい。

もしくはひとつのチームからは一人しか出さないよ、とか。

 

はっきりしないから、SNSが荒れている。

 

これで河辺さんがオオコケしたら、彼女が気の毒だ。

 

五輪なんてみんな出たいにきまっている。

憧れの場所。

でも、そこで大きな失敗をしたら、という不安もある。

 

4年に一回の選考だから、

きちんと納得感のある説明をすべきだし、

元々納得感を得られない選考であるならば、そういう物だ、と

知らしめておくがいい。

 

これで三原舞衣選手の五輪への夢はまた、途絶えた。

 

せめてワールドくらい派遣しても良かったのではないか。

 

何がいけなかったのか、納得ができないと消化不良だし、

これから彼女は何を改善したらいいのか、わからないままである。

 

それはいけない。

負ける事で学ぶ事が多いので、彼女が選考に漏れた理由は明確化してあげるべきだ。

そうでないと、前へ進めない。

 

夢を破り、道を閉ざして、彼女にどこへ行けというのか。

 

あまりに酷な発表だった。

 

だから「採点競技は・・・・」と言われてしまうのだ。

だから純粋なスポーツであるのか、と言われてしまうのだ。

 

スポーツと芸術の融合とかうまい事言っているが、

要は点数化しにくいところを煙に巻いているだけじゃないか。

 

またしても連盟の信頼度が落ちた。

 

これは選ばれた選手も選ばれなかった選手も、双方にとって、

あまりよい発表の仕方ではなかったと思う。

 

その他、アイスダンスも物議を醸しているが・・・・

今宵はこのくらいに致しとうございます・・・・・・

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村