とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

黄色の思いと花と全日本と

2019年の全日本フィギュアスケート選手権

花もプレゼントも投げ込み不可になったとか。

バナーも最近は掲示不可になっている大会が多いから、なーと

思ってはいましたが、いよいよ、こうなってしまいましたね。

 

ajfigure.jp

元々は、海外でもあったので、選手に「良かったよー」とか「ブラボー!!」の意味を込めて始まったんだと思いますが(よくわからないけど)

この間のさいたまのワールドを観たら、そりゃ、止めないと、と思ってしまう。

 

理由は

1. 競技前のアップの時間が選手毎、平等に与えらえない

2. 必要以上にリンクを痛める

3. フラワーガール&ボーイが怪我をする危険性がある

4. 選手に当たったりしたら、危険(昌磨が当たりそうになったことも)

5. 次の選手に対して、威圧感を必要以上に与えてしまう

6. 競技スケジュールがずれる可能性が出てきた

 ってとこでしょうか。

 

多くの人が、とある選手への黄色い熊の投げ込みが原因だ、と

わかっていますね。

連盟もそこはもちろん言ってませんが、それ以外にありえないくらいの

光景が、つい3月に日本で起こっていましたものね。

 

    f:id:akochanm:20190928141913p:plain

 この浮遊感のある黄熊にちょっと戦慄を覚えた・・・

 

なぜ花を投げ込むことになっていたのか

 

良く考えたら。

フィギュアはスポーツの試合であって、舞台ではなく、カーテンコールもないのに、

なぜ花とかを投げる事になったのでしょうか。

その理由、そういえば、テレビで放映していたのを思い出しました。

www.nhk.or.jp

1994年の日本の世界選手権を盛り上げるために、当時日本スケ連のSさんが

提言した、というのです。

以前から花を投げ込む習慣はあったそうですが、統一感を出す事で、

大会を盛り上げたかったそうです。

 

そこに未来の選手たちが拾いに行く。

いつか私もこの舞台に立ちたいなーと思いながら。

 

ここまでは素敵なお話しです。

でも過剰になりすぎました。

愛情も行きすぎると過激になり、犯罪になってしまうことも。

 

全日本が禁止になる、ということは。

今期を持って現役を引退する選手に、送られるエール(花)がなくなってしまうということです。

 

私は、花はなくてもスタオペや、手持ちバナーで示せばいいとおもっているタイプなのでいいのですが、そうじゃない人もいるかもしれないですね。

それにフラワーガール。

今の現役選手もやったことがある、思い出のお役どころ。

いつかあの舞台にたつ、と幼心に誓った選手もいたでしょう。

無くなるのはさみしいかもしれませんね。

 

わかりますよ。投げ込みたい気持ち。

私もネイサンに投げ込めたら・・・!と思っていたものです。

でも、ワールドに行ったら、怖くなりました。

そんな気持ちを推しの選手に味あわせてはいけない、と強く思いました。

本来なら、自分たちの気持ちが選手にダイレクトに届く、唯一の機会だったはず。

それがこんなことになってしまうとは・・・

 

 他のスポーツにはないところ

 

しかし、冷静になってみると、やはり特殊な状況でしたね。

他のスポーツで、競技が終わったあと、花やらプレゼントや、投げ込まれる競技が他にありましたっけ?

(投げ込まれるのは大概ブーイングの意志を指す事が・・・)

芸術性があるものだから?

 

では、新体操でも投げ込まれました?

シンクロ(アーティスティックスイミング)もプールに投げ込まれてましたっけ?

双方、これをやると回収に大変なのと、選手、演技に大きな影響が出かねませんよね?

 

やはり禁止すべきだったのかもしれません。

 

牧歌的な光景が、競技人口とファンの人口、そして経済効果によって

狂気の光景に変わっていく・・・・

もののあわれを感じます。

 

今回の全日本で、禁止になったのは、この間のオータムクラシックも少なからず

影響があったかもしれません。

禁止なのに、投げ入れていた人いましたよね?

あんな高いアクリルの壁を乗り越えさせるほど、

力いっぱい投げたのでしょうね。

そこにルール違反という遠慮はなかったのか。

 

フラワーガールがいないので、羽生さんも他の選手も自分で拾いました。

 

「私の投げ入れたプーさん、羽生さんが拾ってくれたわ♡」と

ルールを守らない人に、喜ばせてしまう結果になってしまったのでは?

 

戦う場所を間違えてはいけない

 

ここのところ、SNSで羽生さんのジャッジについて、色々な意見が

出ていました。

かなり過激な人もいれば、穏やかな人もいました。

でも選手達は、そのルールを飲み込んで試合に出ているのです。

その試合のルールは、きちんと守らないとジャッジされません。

当たり前です。

 

 

推しの選手がいるなら、その選手が納得しているルールを私達も守るべき。

戦う場所は、SNSでも観客席でもないです。

 

そんなルールを守らない人たちが、ISUのジャッジに対して採点ルールに

物申すなんてちゃんちゃらおかしい。

違う人たちだとは思いますが、そう思われてしまいますよね。

そうなると、その推しの選手が恥ずかしい思いをします。

自分のファンのマナー違反のために。

 

ネイサンはプーを好意的にコメントしていましたが、それは

彼の超絶的な精神力とコントロールの賜物です。

多くの選手は、心を乱します。

すべての選手を応援しろ、とはいいません。

それは無理な話。

 

でも、すべての選手にフェアな環境を与えてあげるのは、

私達の役目です。

ちょうどラグビーのW杯をやっていますが、

「ノーサイド」ですよ。

 

ルールをきちんと守る観客を見たら、また新たなルールを持って

花の投げ入れが再開されるかもしれない。

 

私たちがルールを守ることが、選手を守る事にもなります。

おとなしく、手持ちバナー&スタオペで、ブラボーを伝えましょう!! 

 

 

でも、みなさん!

手持ちバナーも、自分の座席範囲内でね!

(いつも困っています、私)

 

  

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村