とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

SNSの利便性と危険性とは。

連日、いろんなニュースが流れてきています。

 

こんなにアップダウンの多い時期もめずらしい。

真央ちゃんのハピバから

かなだいアイスダンスペア結成

全日本の花の投げ入れ問題

全日本の特例問題

 

そして・・・

関西大学のモラハラ問題。

 

本当にびっくりしました。

私も当初のニュースで、織田くんが「多忙のため、辞任」と聞いても

「そうかー。忙しいもんねぇ。生徒を十分に見れないなら、と

潔く辞めたものかもしれない」と思いましたもの。

 

でも、違ったのですね。

少なくとも織田くんとしては。

ameblo.jp

関西大学アイススケート部監督辞任について、一部事実とは異なる報道がありましたので、自分の口から説明させて下さい。

(中略)

辞めた本当の理由は、リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになり、辞任するまでの3ヶ月間リンクに行く事が出来なくなった事とそれに対する関西大学の対応が誠意あるものに思えなかったからです。

(中略)

指導者としての夢もあり何とかリンクに復帰できないか本気で思い悩んでいたので、このような対応はただただ悲しく辛いものでした。この件について公表する予定はありませんでしたが、辞任してから事実とは違う内容が関西大学側から発表され、精神的に耐えられず、今回自分の口で説明する事となりました。

 

なんと。

モラハラ!織田くんが!!

SOIで織田くんが出られなかったのは、これが原因だったとは!!

 

ただ、今、テレビ、SNSではいろんな憶測が出回っている。

コーチの一人にモラハラされた、と。

 

織田くん側の関係者談、ということですが、この

「関係者談」というのはどこまで本当なのか。

 

SNSを使った方が良いこと、悪いこと

 弁護士を通して話しているというのだから、大丈夫だとは思いますが、

こういう問題は、「言った、言わない」「こう思っていた、見解の相違」

とかに発展しがち。

織田くんも辞任を伝える旨は、きちんと文章にして送りつけて欲しい。

できれば、内容証明で。

SNSはインパクトはありますが、オフィシャルに徹底的に戦うのであれば、

それだけでは少々弱い。

あくまで正面突破しなければ、この問題は難しい。

 

私は、モラハラ第一報の時、

「父母か?それとも生意気な選手か?」と思ってしまった。

でも、テレビでコーチの一人、という可能性を聞いてしまったら、

もう、想像が止まらなくなってしまった・・・

 

関大で織田くんにモラハラするコーチなんて・・・・

ねぇ?

織田くんはどうすべきだったのか。

織田くんはできれば、穏便にすませたかったのではないかなと思います。

だって、自身も選手だったこともあるし、人に対して嫌がらせをするような

人には見えない。

人はみかけに・・・とは言いますが、言動一致している方なので、

ほぼ大丈夫かと。

逆に忖度しまくってはいないかと心配になるくらいです。

 

でも、ここまでこじれると、もう黙って泣き寝入りはいけないと思ったのでしょうね。

そうなるとたぶん父母や生徒ではないのでしょうね。

それだったら、大学側に調査してもらうことではないので。

たぶん織田くんよりもっと上の立場とか、マウンティングを取っている人なのでしょうね。

 

こうなったら、もう一度、弁護士と一緒に関西大学側と話し合いをしてほしいですね。

SNSでやりとりしているのは、正しく伝わるかわかりませんし、

ごまかされてしまうかもしれない。

 

私たちは心で思っていても、口には出さずにじっと、待つしかないのです。

当事者ではないのです。

 

でもでも!

織田くんの解説は、とてもすばらしく、正直居酒屋解説には飽き飽きしていますので、

JGFから全部やってほしいくらいです。

 

忘れない。

名古屋のGPFの時。

解説ではないのに、アイスダンスも、ペア競技も、解説席でないところでじっと

食い入るように見ていた織田くん。

テレビには映ってなかったけど、会場にいた私には丸見え。

すべては教えるために、解りやすい解説のために勉強していたんだよね。

 

昨年の全日本。

キスクラに座っていた織田くんも忘れない。

一生懸命に滑っていた生徒が、戻ってきた時、本当にうれしそうだった。

 

モラハラとかパワハラって、生徒ばかりが受けるわけではない。

社会的弱者が、ある場では優位に立って、マウンティングしているケースもある。

 

今はモンスターペアレンツもいる。

その威を借りて、自分が上のようにふるまう生徒だっている。

どうしてこんなになってしまったのか。

先生もふさわしくない人もいっぱいいるし、生徒も教えを乞うにふさわしくない

子もいっぱいいる。

真剣に教えよう、学ぼうとしている人達を邪魔する輩。

 

それが何十年後かの未来に対して、ものすごい損害を与えている事に

気が付いていないのか。

 

私は税金泥棒として、起訴も辞さないぞ。

 

それは勉強だけでなく、スポーツに対しても同じです。

 

ただ、今回の真相はまだ闇の中。 

 

今週末のカーニバルオンアイスで、織田くんが笑顔で滑れるように祈るのみ。

 

現地でありたけの声援を送ろうと思う。

 

 現役選手がSNSを多用する危険性

 

 

今回は、SNSであげた事が吉と出るか凶と出るかはわからない。

でも、SNSって簡単だけに無責任。

誰でも勝手な事を呟く。

そして、簡単にリツイ―トして拡散できる。

 

それで、犯罪者扱いをされて大変だった人がいましたよね?

(東名の当て逃げ事件)

悪いけど、悪口言うなら、実名をあげろ、と言いたい。

責任のない言葉でも、傷つくし、たった一言が何万人の言葉として

襲い掛かってくる。

 

それゆえ癒えない傷を負う人のなんと多いことか。

 

 

でも、現役選手はやはり少し控えた方が良いとは思う。

SNSは勇気にもなるけど、誹謗中傷も多い。

デメリットの方が多いと思う。

 

    f:id:akochanm:20191002160151j:plain

  他の選手のインスタのフォローも、やりすぎ厳禁

 


ネイサンも、SNSは発信しているけど、コメントは見てないと言ってた。

それがよろしい。

(君がザギちゃんにイイネ、するの、たまに私負けてるけど・・・)

 

ザギちゃんも、ロシア国内は結構エグいから、ワールド1週間前は見なかった、と。

それがよろしい。

 

昌磨は、やってない

替りに弟君がやっているけど、それでよろしい。

 

どうぞ周りのスタッフの方たち。

選手たちを守ってあげてくださいね。

 

 あ・・・最近、面白ネタがないなぁ。(呟)

 

追伸・・・関係ないですが、将棋の藤井七段もようやくスマホに替えられたそうですが、アプリは将棋のアプリしか入れてなく、LINEすらやってないそうです。

家族との連絡はショートメールだそうです。

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村