とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

いつまでも王者ではいられない

連日、スポーツ関連のニュースが報道されていますが、

だんだんと東京五輪が近づいているなーという、実感が湧いてきますね。

 

しかし、ほんの1~2年前に王者だった人も、今年も、そしてオリンピックの年も

成績を残せるとは限りません。

 

そりゃそうです。

4年に一回のスポーツの祭典に、自分の身体能力のピークを持ってこられるって

のは至難の業です。

しかもメンタルも必要だし、ライバルだっている。

 

だから昨年、強かったから・・・・シードを取るのは解るのですが、

特例は発動しないよ、というのが体操界の見解ですね。

結構ルールが厳格です。

でも、それはあたりまえの話かもしれない。

自分が麻痺しているのかもしれないと思い直しました。

 

村上さんの記事を読んで、

「おいおい、オリンピックで金取れるのかよ」と思いました。

 

www.nikkansports.com

 

よくよく考えたら、五輪だってシードはないし、特例だってない。

テニスは世界ランキングに応じてシードを決めるけど、それも常に動いている

ランキングだから納得。

 でも、スポーツなど一発勝負のものって結構多いですよね。

私が良く見てるフィギュアも、100m短距離も。

体操も、水泳も。マラソンだって。

 

その日、その時の体調だったり、メンタルだったり

色んなものが重なって、その日の成績が作られる。

 

なので。

4年に一回のチャンスをものにするのは、その一発勝負に勝てる選手でないと

いけない。

 

headlines.yahoo.co.jp

あの内村くんだって、北島康介だって、王座を陥落してしまう。

それは仕方のないことです。

 

だから、いつまでも王者、女王であることは不可能なのです。

ただ、すごい成績を収めて、過去王者だったこと。

これは消えません。絶対に。

 

だから、衰える事は悲しいことですが、恥じることではありません。

負けたっていいんです。

そこで、負けるのがイヤだからやめる。

負けてもいいから、競技を続ける。

私はどちらも賛成です。だって、続けるのもやめるのも、本人が決めることで

あって、私たちが決める事ではないから。

 

サッカーの三浦和良さん。

素晴らしいですよね。ものすごく、サッカーを愛しているのですよね。

W杯に出られなくても、カズの素晴らしさはなくならないし、むしろもっと

素晴らしく、リスペクトされている選手となっている。

 

要は、羽生くんが続けるのも辞めるのも、高橋大輔選手がアイスダンスに行くのも

本人たちが決めた道。

 

 

自分のファンの応援はどんどん、どうぞ。

でも自分の推しをアゲるために、他の選手を落とすような発言は止めましょう。

 

SNSを見てるのがつらくなります。

 

でも、ひとつだけ。

羽生さんもいつまでも、王者ではいられないし、ネイサンだって、昌磨だって

いずれ抜かれる日がやってくる。

 

その際に、後続の選手たちを讃える事ができるようなファンでありたい。

きっと、ネイサンも昌磨もそうするに違いないから。

 

 あ。。。ちょうどブログに記事をアップして、100個めのようです。

もうすこし、楽しい記事にしたかったなぁ・・・・

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村