とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

私はネイサンファンだが、ひょっとして昌磨ファンかもしれない件。

課金してますか?(笑)

 

SOIの返金に驚愕

 

SOIが開催されないので、チケット代が戻ってきた。

友人の分も若干あるとはいえ、20万程度が戻ってきたので、

自分の行動に戦慄を覚えた春。

(海外遠征行けるやん!)

 

ここのところ、ネットショッピングをついついしてしまう。

仕事でゴルフをするので、ウェアを買う。

最初はデパート(名古屋は松坂屋だね!)に行ったが、次からはネットで購入。

当然MIZUNOも見た。

 

プレスサーモなるものが、すばらしいというのは、デパート(もちろん松坂屋だ)

で見たので、知っていた。

 

ここのところShomaモデルが多いので

 

昨年、Shomaモデルが販売されるとSNSで知った。

かなり凝った作りで、おしゃれ。

そして温かいときたら、もう遠征に使うしかないですよね。

 

私はネイサンファンだが、同じネイサンファンの昌磨にも、感じるところがあるので、

購入することに決めた(笑)

パーカーに、手袋。そしてひざ掛け。

確かいくらか以上買うと、観戦用の折り畳み座布団も頂けると。

買うしかない。

限定なので、急がないといけない。

購入。

聞けば、草太ファンの友人も購入したとのこと。

そうね、私たち名古屋だし。

真央ちゃんの弟である昌磨ですから。

 

本当は3月末に届く予定だったが、遅れていた。

昨日(4/22)に無事到着。

 

MIZUNOさん、遅延のお詫びにUNOのキーホルダー。

気遣いが素晴らしいMIZUNO

 

改めて見てみると、

これを観戦の時にもっていけば、完全に昌磨ファンだね。

挙句、グランパスとのコラボのバナーもあるし。

普通のShomaバナーも持っている。

しかも!

私は、ずいぶん前に、ファイテンのネックレスを買ったが、

この度、コラントッテでShomaモデルが出る、というので、

買ってしまっていたのだ・・・・!!

(ついでに件の友人も購入していた事実が発覚。肩こり仲間だからね)

 

 

どんだけ課金すんねん。

 

もう一つ思い出した。

今年のアーモンドピーク。

このブログでも紹介したが、あれもネットで20箱購入した。

アーモンドピークは元々大好きなんだが、それにしても買いすぎだ。

 

もちろん残った年賀状でファンミーティングは申し込んだ。

(外れたが)

 

そしてエアウィーヴを購入

SOIの返金では、エアウィーヴマットレスを購入。

正しく言うならば、腰痛持ちの父に、姉妹でプレゼントした。

f:id:akochanm:20200423161313p:plain

真央ちゃんが工場で「軽いですね」と言ってたアレだ。

 

これも一度現物を見て、寝てみたいと父がごねたので、仕方がなく

松坂屋へ見に行った(名古屋人は松坂屋が大好きです)

 

最初はマットレスにする予定だった。

だけど、試すうちに良いものがよくなり、挙句シモンズのマットレスが

10年経つので、お買い換えですよ、との甘言に釣られ、いっそマットレス込で買ってしまえ、ということで、購入。

f:id:akochanm:20200423210906p:plain

f:id:akochanm:20200423210950p:plain

ネイサンとザギちゃん、いや、石川さんとマサルも

気持ちよさそうに寝ております。

 

ちなみに私の部屋には、普通のエアウィーヴのマットレスと枕。

マオカラーの座布団があります。

 

ネイサンへの課金は。

今までフィギュア選手にプレゼントなどしたことがなかった。

なにせ真央ちゃんは、プレゼントは受け取らず、震災の寄付をして、というので、

寄付したり、グッズを買ったりしていた。

(そういえば、浅田真央展で、2~3万購入したこともあったな・・・・)

 

ネイサンには課金したくとも、コラボグッズなどない。

ネイサンのコーンフレークを購入したくても、日本には売っていない。

せいぜいナイキを買うくらいしかない。

ネイサンのバナーは作ったし、ファンレターも書いてる。

だけど課金は追いつかない。

課金がすべてではないですけど。

アイスショーなら!と思うも、THEICE、SOIも昌磨が一緒(笑)

(どんだけ昌磨、ネイサン好きなんだ)

 

 逆転するには、車を買い替えるときRAV4にするしかないな・・・・

大逆転!!

 

【今日の独り言】

あとで思ったが、昌磨はトヨタ自動車所属。

RAV4にしても昌磨にも課金されるのでは・・・・と気づく深夜。

そしてフランス杯に行ったやん、と思い出すも、そこには昌磨がいたのだった。

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村