とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

スケアメ、男子SP雑感

さくっとスケアメのSPを見ました。

仕事しながらなので、ところどころで抜けはありますが、

気になった3点について。

 

f:id:akochanm:20201025154720p:plain

 

男子SPの解説、佐野さんなんですね。

なんで女子は織田くんなのに、男子は佐野さん?

 

でも、佐野さんならではの男子SPでしたね。

 

感想が「かっこよすぎます」

「先にやっちゃったので」

「たぶんそうなんでしょう」とか、素人かっ!(笑)

 

まぁ、第二グループの時からその事件は発生。

 

1. カムデン、ビチェンコ入れ違い事件

解説者も佐野さんも映像を見ていないの?

カムデンくん紹介しているとき、テレビカメラはずっとビチェンコさんを追っていた。

カムデンくんがチラ映りしたから、お、ここから?と思いきや、最後まで

ビチェンコさん。

「そしてこちらは、シニア二年目、20歳のカムデン・プルキネン」

さすがに外人でも、30歳オーバーのビチェンコさんとは間違えないけれども!!

 

マジで、間違えたのか、もうカメラが間違えている事を、主張しなかったのか、

どっちなのか、気になる。

 

キーガンくんのあとに、カメラがとらえたのはカムデンくん。

「今カメラでとらえているのは、プルキネンですが・・」

アナはわかっていたのか、誰かに注意されたのか。

 

きっとこんなことはフジでは起こらないだろう。

アナが怖いくらい勉強してきているから。

 

2. 樋渡くん、バレエジャンプ問題

樋渡くんの演技だけに限らないが、佐野さんは、

「おー、トリプルアクセル!」

とか、驚いているのか、解説者としてのポーズなのか、

驚いた口調で話してた。

佐野さん、樋渡くんの驚異的なバレエジャンプも

「おー、バレエジャンプ!

・・・・っていうんですよね、昔は」

と言い出した。

私は今も昔もバレエジャンプと呼ぶと思ってたので、

ちょっと不安になり、ググってみた。

そしたら、以下のサイトに当たった。

sports.smt.docomo.ne.jp

f:id:akochanm:20201025153354p:plain



・・・・よかった、バレエジャンプだった・・・・(笑)

ところでこのサイト、dmenuで、ドコモのサイトだった。

監修はだれ?

と思ってみたら、「澤田亜紀さん」でした。一安心。

 

ちょっと、スピンのところとか見てみると、フォワードとか、バックワード、

アップライトとか説明があった。

ここを見れば、jスポの岡崎さんの解説の

「バックワードからのアップライト、キャメルスピン、レベル4の構成です」

もわかるかもしれん。

f:id:akochanm:20201025160024p:plain

とてもカメラマン出ない限り、クリアが画像でお伝えできません。

詳しくは録画をご覧ください。



3. ネイサンかっこよすぎ問題

佐野さん、ネイサンがかっこいい、というのをようやく公言してくれるように

なったのはいいが、「できすぎです」とか「かっこよすぎ」とか

あなたの主観はもう、いい(笑)わかってますから。

 

ただ、ネイサンの予定構成は、あくまで予定であって決定ではない、ということを

ご存じないのか。

ネイサンの場合「とりあえず出しておくよ」感が強いのは、ファンとして

周知の事実(だと思う)

今回のSPで後半に4F入れてきたのに、驚いていたが、

(私たちは君の声でびっくりしたよ)いまさら、である。

 

彼は全種類のジャンプが跳べるのだ。

どこで入れようとその日の気分で変えても、ザヤることはほとんどない。

現に昨年のフランス杯も、FSの予定構成が4F入れてくることになっていたが、

現地での6分練習を見ていると、フリップの調子が悪そうだった。

んで、ルッツを跳んだら、うまく着氷できた。

もちろん本番は、ルッツだった。

予定構成は、4F-3T、3A,4Tだったが、

「前半に4T-3T跳んじゃいましたからねぇ」で仕方なく入れたっぽい解説を

していたが、私はひょっとしたら、違うんじゃないかな、と思っている。

 

ヴィンスがネイサンよりBVの高い演技構成を持ってきていた。

ひょっとしたらヴィンスの出来次第で、ちょっと難度を高めに持っていこうと

していたのかもしれない。

ミラノワールドの時、他の選手の出来をみて、4回転何本入れるか決めたとか

なんとか言ってた気がする。

 

まぁ、あくまで推測ですけどね。

さいたまワールドでは、冒頭の4Lzのコンボを付けられなくて、

最後に持ってきていたし。

 

ただ、自由自在であることは間違いないですね。

 

と、まぁもう順位もわかっているので、ゆったり見ていたら、

余計な事が気になってしかたのない、男子SPだった。

 

その他ヴィンスの伸ばした手先の美しさ、とかカムデンくんのカルーソを聞いて

泣けそうになったとか(テンくんを思い出し)

色々あってよかったスケアメ男子。

 

たぶん、イスラエル、カナダも混じっていたから余計に、国際試合っぽくてよかった。

ナムくんのキーガンくんへの応援ツイとか、(本当に仲いいな)も良かった。

 

でも、SPを見て思う事。

今年日本の男子エースはまだ試合に出れていない。

(もう一人はお休み中だから仕方ない)

このアメリカのレベルを見ても、羽生さん、昌磨、ゆまちだけで戦えるのか。

もしこの中の一人がなんらかの事情で、ワールドに出れなかったら、北京の枠は

どうなるのだ。(二人でも大丈夫だと思うが)

というか、北京で表彰台に日本男子が乗れるのか。

 

ロシアでは、コリヤダくんがミーシンの元、復活して、パワーアップしてきてる。

彼のスケートは加点が付きやすくすばらしい。

アリエフも良くなりつつあるし、ジュニアもあがってきている。

 

日本は特定強化以下の選手層が、若干薄い。

北京までは、どうにかなるかもしれないが、北京移行、また上位2選手頼りになって

しまいかねないな、と思う今日この頃。

 

2023年には、また、たまありでワールドだ。

その時、日本人は表彰台に載れるのか。

ここにきて、大国の力を思い知る日曜の午後でした。

 

【今日の独り言】

キスクラが選手だけだったから、ラファどうしてるのか、と

思ったら。。。。

 いました・・・・よかった・・・・・

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村