とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

始まりました。杉じいと赤平さんのおしゃべりフィギュアin全米男子SP

良かった。わたしの見間違いだった?

 

先日のブログで、男子SPだけ岡部さんと小林さんとつぶやきましたが、

誤りだったようです。

お詫びします。

 

と、言うことで、今年も楽しい時間の始まりです。

杉じいと赤平さんのおしゃべりフィギュア。

これは、選手の近況から、スケート、自分たちの思いを、語るお時間です。

 

まぁ、真実を語るのですが、時には辛口で、時には愛情をもって話すので、

面白いけど、ちょっと毒がある。(そこがいい)

 

こちらはアレクセイ・クラスノジョンくん

f:id:akochanm:20210117165520p:plain

赤平さん情報によると 「グリーンカードの取得は終わった。つまり北京に向けて」とのこと。

今回のSPは全ジャンプ失敗したため、杉田氏は

「成功した時は、一人でいてもいいが、失敗したらいたたまれない」

「どこかカメラを切り替えたら」

「切り替える場所がない」

「さっきバスケットボールを持っていたネイサンを映せばいい」と

日本と違ってあおり映像がないので、そのまま映像を使われる辛さを

語る二人。

    f:id:akochanm:20210117165919p:plain

    この映像、差し込めばいいですか???

 

そして「FSまでの足切りがないので、頑張ってほしい」と杉田氏。

赤平さんは「そうですね、こんな通り一遍の事しか言えなくて申し訳ないのですが・・・」とまるで本人を目の前にして言っているかのよう。

たとえ言っていても、日本語だからわかんないとは思いますが。

 

二人のお気遣い痛み入ります。

 

印象的な演技ではないけれどもキスクラ

 

パニオット選手、マスク忘れ疑惑

f:id:akochanm:20210117184202p:plain


赤「たぶん彼は今、マスクをつけ忘れていると思います。」

杉「後から注意されないといいですが」

---中略--

赤「(後ろのモニターを見て)もしかしたら(故郷の)ウクライナとつながっているのでしょうか。新しいですね。。。今後、こういうのが、スタンダードになってくるのでしょうか。」

杉「そうですね、はい」

赤「我々も ”昔は良かったねと”とかそういう話ばかりでなく、新しい楽しみ方を

見出していかなくてはなりません」

 

ううん、サラっと言ったけど、重い発言だった。

そうなんですよね。コロナが収束するかどうかもわからない。

でも前を向いて、新しいやり方を考えていかなくてはならない。

もう、過去には戻れない。

杉「映像的な工夫としたら、いいかもしれない。しかし、主催者側と滑る側にとったら、お客がいないということは、非常に大変だと思います」

 

それもそうだ。

 

 

ヴィンセント・ジョウ

4Lz-3Tを冒頭できめたところ。

   f:id:akochanm:20210117185225p:plain

  個人的に、ヴィンスのこの手の表情にぐっときているので、貼っておきます。

 

 

杉「きれいな軸ですね。すばらしいジャンプです」

その後

杉「ソロジャンプも4Sです。これもすばらしい。とてもいい出だしですね」

 

他の選手の時、あんまり演技中に話していなかったのですが、この時に

ヴィンスをめっちゃほめていたので、印象的でした。

 

終わった時もすばらしいの連発

赤「過去の点数を超えてくるんじゃないですか」

杉「正直に言うとね。(この言い方ドキっとします)今回の方がすばらしい」

 

・・・・・・なんだよ、褒めたのか!!(笑)

 

樋渡知樹くん

昨年は3位に入ったが、今年はどうでしょうか。

 

f:id:akochanm:20210117171837p:plain

赤「さあ、注目の選手の登場です。世界ジュニアでもチャンピオンになりました」

杉「いやあ、正直、ジュニアチャンピオンになった時、びっくりしました。

なぜかっていうと、他の選手に比べてポジションとか姿勢とか、身体の大きさとか

ちょっとハンデがあったわけですよね。それを技術できちんとカバーしたんですからね。ほんとに去年一年はすばらしい一年でした。」

とほめているのか、けなしているのかわからない状態。

 

そして最初の四回転が二回転になり、ノーカンとなってしまいました。

杉「まぁ、そのあと頑張って滑りましたが、最初に大きなものを失ってしまったのは

辛いですねぇ」

赤「(二回転を見ながら)いやあ、ほどけてしまいましたね。実に残念です」

杉「どっちかっていうと、ジャンプの回転が、軸はきれいな方じゃないんですよ」

とテケシは口を濁すところも、ずばずば切り込んでいく。

 

これを聞いた樋渡君、北京に向かって練習してほしい。

私は樋渡君のエンターティナー性は大好きです。

でも、音声を直では聞かせたくない感じです。

 

ネイサン・チェン

 

おととし辺りから、この二人は、ネイサンを宇宙人のよう、とか異次元とか

ちょっと普通の人扱いをしておりません。

それでも、異次元の演技を楽しみにしていたらしく、

冒頭からかなり煽り気味です。

 

 

f:id:akochanm:20210117091008p:plain

赤平さん

「さあ、お待たせしました。ただ一人異次元の異次元のパフォーマンスを続けております。ネイサン・チェン。五連覇に向かっております」

私の心の声

(あれ?ジャケット、お忘れですよ???。そしてヴェラではないのですね???)

 

演技中はこのおしゃべりな二人は集中していたようです。

杉田さんが、ジャンプの種類を言うのみ。

一回赤平さんが「すばらしいですね」と言ったきり。

何かご不満でした???

 

演技終了後

f:id:akochanm:20210117091816p:plain

       ちょっとくやしそうなネイサンの表情

 

 赤「さすがです・・・あ、少し悔しそうな・・・何か飲み込むような表情をしました」

杉「最初のスピンなんですけどね・・・フライングキャメルですけどね。

レベルが足りてないと思うんですよ・・・」

 

赤「ああ、そうですか・・・」

杉「あそこはね。。。彼としては、全部レベル4で・・・」

 

f:id:akochanm:20210117194601p:plain

 

杉田さん!足りてるみたいですが・・・・!!!

あとはジャンプに関しては問題ない、という発言が出て・・・

 

杉「まぁ、一番うまくなったなぁと思ったのはステップですね」

-----うん、知ってる。

 

点数コール

赤「113.92 全米史上2位の点数。もちろん1位も本人です。

2位も3位も本人です」

杉「はははは」

 

陽気なコメントが続きます。

 

最後に

「いやあ、まさに異次元」と付け加えるのを忘れない赤平さんでした。

 

そして杉じいと赤平さんもお待ちかねジェイソンブラウンです。

 

ジェイソン・ブラウン

 

       f:id:akochanm:20210117195651p:plain

 演技中、一瞬どちらかが声ともつかない声を漏らしたきり、一切しゃべらない。

          ↑

解説としてどうか?(笑い)いいんです、CSだから!!

 

 

赤「さすがですね。これですね。これが見たかったのです」

杉「身体の使いかたが、すばらしい」

 「今までは女性っぽくて、力強さがなかったけど、今は・・・」

以下美辞麗句のため、省略。

 

f:id:akochanm:20210117213715p:plain

 オーサーも応援

点数コール  100.92

 

杉「この100点超えは価値があります。みんな四回転を持っているけど、彼はない」

褒めているのか、けなしているのか、はっきりして。

(褒めています)

フィギュアの醍醐味、とまで称賛。

 

と、まぁ自分たちの思いをぶつけてきているお二人ですが、

決しておちょくっているわけでは、ないことは伝わります。

 

フィギュアに深い愛情があります。

それゆえ、厳しくなったり、デレたりしています。

 

FSはどんな解説が飛び交うでしょうか。

選手の演技とともに、楽しみでなりません。

 

 

【今日の独り言】

なんか、いっぱいいっぱいで、何だかわからなくなりました。

面白かったけど。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村