とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

友野君の悩み多き青年のプログラム

愛知国体の友野選手のSPが終わって。

しみじみ思ったのは、「これは誰にでも滑れるプロではないな」ということ。

 

これはこの人にしか滑れない、というプロがいくつかあると思う。

 

浅田真央のラフマニノフ、バラード1番、

髙橋大輔の「eye」、羽生結弦の「SEIMEI」、宇野昌磨の「グレートスピリット」

町田樹の「第九」ネイサンチェンの「ネメシス」、アリーナ・ザギトワの「ドンキ」、などなど。

 

同じ曲を使う事は数あれど、この人のコレ、というのはなかなかない。

 

友野選手の「The Haedest Button to Button」はまさにそれではないかと思う。

 

この音楽を聴いたとき、なんか混乱しているのかな、というようなメロディで、

ミルズさんがこれを選んだ意図がよくわからないけれども、解説者が

「若者が自分の居場所を探して悩んでいる」というのをテーマにしている音楽だ、というのを聞いて、なるほど、と思った。

 

まるで、現代音楽のラベルかフォーレ、ミュライユのようなよくわからない旋律と、

変わったポージングが眼を引いた。

フィギュアのコンテンポラリーといったところか。

決して美しいポージングだけではない、このプロ。 

こんな動きをマジでできるのは、友野君しかないかと思う。

 

        f:id:akochanm:20210201165106p:plain

          このポーズも面白いと思うのです。

     

ダンサーであり、宴会部長のような彼は、本当の心の内は、あまり明かしていないのではないかと、常々思っていた。

 

いつも明るく、後輩にも優しく、先輩には礼儀正しい彼の本質はどこにあるのだろう。

たまに感情が爆発したような演技もあれば、しぼんでしまったような演技もあり、

正直よく掴めなかった。

 

友野君の悩みの心中を表現できるのが、このプロの良さでもあると思う。

 

最初は、なんだか不可思議な感じのするプロだったが、観れば観るほど、

ひきつけられる。

このプロは何を表現しているのだろう、と考えさせられ、

もっと観たくなる。

 

そして思う。

 

このプロを、かのミルズさんと相性が良かったまっちーが滑れるか?

羽生さんが?昌磨が? ネイサンが?

 

いや、これは友野一希しか滑れない。

 

上手過ぎず(すみません)下手すぎず、全力で踊り切る友野君だから、

やりきれた。

願わくば、少しミスが減るとよかったのだが、それもまた、

「悩める青年」のプロと言えるのかもしれない。

 

これを友野君に与えたミルズさんは、すごいと思う。

 

ミーシャと相性がいい、と言っているけれども、もっとミルズプロの表現者になれる可能性があるんではないか、と感じる。

 

代役で成功している、と失礼なコメントを頂いていた事もあるが、

ここ一番に強い、ともいえるが、ここ一番にも弱い友野君。

 

ちなみに、ムーランルージュの最後のステップも好きだが、所々音ハメしないと気持ちが悪いプロなんで、音ハメより音楽表現ができるプロがいいと思う。

 

 来年度のプロにも期待している。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村