とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

アスリートにとって、私たちにとって、オリンピック・パラリンピックとは。

 今日、真央が行く!の放映と為末大さんのNumberを読んで、大切な事を

思い出しました。

 

f:id:akochanm:20210208113216p:plain


これまで、コロナ禍の中、人間の生命とスポーツイベントと、どちらが大切なのか。

 

答えが出ませんでした。

 

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

浅田真央 Mao Asada(@maoasada2509)がシェアした投稿

でも、「真央が行く!」の中のパラアスリートは、アスリートとしてだけでなく、

家族への感謝のしるしだったり、一緒に頑張ってきた今は亡き仲間へのオマージュだったりということを話してくれていました。

 

彼らにとって、スポーツとして頂点を極めた上で、その結果を自分以外の誰かにプレゼントしたい、という気持ちが大きいように感じました。

 

今まで応援してくれた、家族仲間に一番応えられる形なんだと。

 

あとはアスリートの存在価値です。

 

普通の世界選手権でメダルをとっても、五輪に出場するだけで、世間の反応が違う。

やはり応援してくれるファンと世間の人々の反応というのは、アスリートの肥やしとなる。

 

大きな差をもたらすのは、選手がどう認識するかより世間の反応です。同じメダリストでも、世間がオリンピックに対してより大きい反応をする。となると、選手は当然オリンピックを目指します。

number.bunshun.jp

 

それと、スポーツとかエンタメの人が一番傷ついているのは、「自分たちは結構軽んじられている側にいたんだな」というのを世間の反発から感じたからだと思うんです。コロナによって、みんなが日々の営みになくてもいいもの、なくちゃいけないものをランク付けしていった中で、「みんな、本当は私たちをあまりいらないと思ってたのね」と

number.bunshun.jp

 

生きるか死ぬかの二択においてだったら、スポーツというのは、切り捨てられるものかもしれない。

 

でも、生きるよすが、とは成りうる。

みんな簡単に「命より大切なものはない」といいつつ、普段からそんなこと意識している人がいるとはあまり思えない。

少なくとも、先進国と我が国日本では。

死と隣り合わせの国に生きている人にとったらそうかもしれない。

でも、そういう人たちこそ、生きていく力になるものが必要。

 

宗教だったり、音楽だったり、勉学だったり、スポーツだったり。

希望とか、エネルギーとか、物質的なものではないんですよね。

 

まだ、五輪はできると思っているのか、とアスリートに言葉を投げつけないでほしい。

五輪以外の大会に関しても同じ。

 

できると思っていないとできません。

だったらやるな、と言うのですか?

自分たちが景気が良いときはチヤホヤして、ポイ捨てですか?

 

そんなんじゃない。

そんな簡単なものじゃない。

 

でも、コロナで何もかも崩れた、と思っていたけど、元々顕在化していない問題が、

早くあぶりだされたかもしれない。

 

私は、少なくとも、フィギュアを見て感動して、パワーを貰って

「明日も頑張ろう」と思ったから、感謝している。

 

だから、最後まで希望を持ちたい。

 

【今日の独り言】

森さんの発言、あれは女性蔑視でなく、自己中から出たものだよね。

しかし、視野が狭いお爺さんだな。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村