とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

アスリートの重圧とオリンピック

 トップアスリートであるがゆえに、知らない間に背負ってしまうものがある。

 

そしてそれは、心を蝕んでいくと、身体の病気と同じくらい辛い事になる。

 

プレッシャーという悪魔。

 

それはいつ、飛び出してくるかわからない。

 

たとえば水泳の池江璃花子選手。

今回は、彼女の身体の病気の問題ではなく、心の病のお話。

 

白血病という、普通で考えたらとても絶望的な病名。

 

私たちが小さい頃のドラマや、漫画では不治の病の定番だった。

 

そんな病に罹っても、「病気でほっとした」と言わしめるプレッシャーとは。 

 

 

f:id:akochanm:20210407003542p:plain

「言い方を悪くすれば、オリンピックに出られなくて良かったっていう、自分が。メダルを取るっていうプレッシャーがのしかかった状況の中で、逆に自分自身にプレッシャーをかけていたんですよ。そのプレッシャーから解放されたっていうか。背負っていたんでしょうね、こんな風に思うってことは。だって、絶対、アスリートとして良くないことを言っていますもん、今。オリンピックに出なくて良かったなんて、普通、誰も言えないじゃないですか」

彼女にしか言えない言葉だった。

bungeishunju.com

 

これは色んなアスリートが、罹っている病気だ。

五輪病とでもいうのか。

 

真央ちゃんも、羽生さんもヤワラちゃんも卓球の愛ちゃんも吉田沙織さんも、他にも色んなアスリートが罹っていたと思う。

国民の期待が大きければ大きいほど、重症になる。

 

オリンピックが夢、目標であればあるほど、逃げたいという気持ちを持つ事に

罪悪感を感じ、どこかへ逃げてしまいたい気持ちになるのだろう。

 

そんな彼、彼女らの肩にかかる重圧というものは、どれほどの重さであるのか。

 

誰かが「浅田真央ちゃんの重圧を私たちが肩に感じたら、きっと

立てないくらいだ」とかなんとか。

 

死につながる病気に罹って、ほっとした、と感じるほどの重圧。

 

そんな重圧を感じないといけないくらいの期待と希望。

 

池江さんは、病気になることで、この重圧からは一時的に逃れることができたが、

その代償というのは、あまりに辛い病気。

 

そしてそれを乗り越えて、今、彼女はまた、自分の戦う場所に立っている。

 

 

そこで、どういう景色が見えるのか。

 

きっとどのような立ち姿を見ても、私は感動すると思う。

 

凄まじい恐怖と重圧に勝ってきた彼女が、オリンピックで

何をつかむのか。

 

それをしっかりと見届けてみたいと思った。

 

真央ちゃんは、トリノに出ていたら、あれほどの選手になっていなかった。

 

ネイサンは平昌で失敗していなかったら、今のネイサンはいない。

 

池江さんは・・・・

きっともっとすごい選手になる。

成績はひょっとしたら、病気前の方がすごいかもしれないが、

人間として、アスリートとして、もっとすごい選手になる。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村