とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

スケート界の大晦日、自分はどうだったかな。

6/30は、スケート界の大晦日で、みなさんがSNSで

振り返りをされていた。

 

見るにつけ、「ああ、そうだった・・・・」と思ったり、

感慨深い。

 

SNSで振り返らない私は、ここで自分のブログを振り返る事にします。

 

Google アナリティクスに登録していたが、使い方が全く分からず、

ここ2日くらい、色々触ってみた。

 

どうやら一定の期間で、どの記事が一番読まれていたか、わかるようだ。

(違っていたら教えてください)←無理。

 

そこで、2020/07/1から2021/06/31の間で

このブログのどのページにアクセスが多かったか、調べてみた。

 

1位  NHK杯、男子は何度も泣く

 男子の記事は人気だね。

NHK杯を一人で見に行って、色々と考える時間も多くて、色々考えたなぁ。

異例尽くしのGPS。

国内大会のようなNHK杯。

だからこそ、参加のチャンスに恵まれた選手もいたし、

ゆまちの初優勝が圧倒的で、シニアの世界でも堂々と通用する、と見せつけた試合だった。

現地で書いているから、なんかちょっと違う感じに仕上がっている。

しかし、過去、勢いで書いているものって、見返すと恥ずかしいですね。

 

 2位 NHK杯アイスダンス村元・高橋ペアにビックリ

いや、たぶん高橋大輔ファンでカウント稼いでいる記事のような気がする。

でも、本当にびっくりしたのですよ。

とくにラ・バヤデール。

デビューシーズンに、ドクラシックもってくるんなんて、素敵・・・

 

 

3位 全日本フィギュア、やるかやらないか、の議論

 

 うーん。これも男子人気の記事でしょうか・・・

羽生さんファンが騒いでいたからねぇ

 

とTOP3は以上のとおり。

 

実は一位は、ブログのトップ画面でしたが、傾向が解らないので、繰り上げました。

しかし、ちょっと待った!!

うすうす感じてはいたが、私はネイサンファンのくせに私のブログでは、ネイサン記事が上位に入っていない。

 

これは恥ずかしくて、ネイサンファンと豪語できない。

というか、昨年は、ネイサン砂漠が多かったからなのか???

 

と思ったら、4位は、ネイサンチェン、のカテゴリでした。

 

やれやれ。

 

前にも掲載したとは思いますが、私はネイサンの事になると、客観性を欠くため、

文章にならない傾向が強いのかもしれない。

 

今年のワールドのフリーは素晴らしかったじゃない???

あの素晴らしさをどうして、もっと前面に押し出せなかったんだろう!!

悔みきれん。

 

でも、今年は五輪イヤー。

スケアメもスケカナもネイサンが出るし、うまくいけば、JOだって・・・・

めいっぱいネイサンを語れる一年になるといいな。

 

そして昨年は、どうしても国内選手を見る機会が多く、語るのもその部分が多かったように感じます。

 

とくにゆまちと昌磨。

ゆまちは活躍が目覚ましく、昌磨は新たな一歩を踏み出し、そして3ワンコは

毎日見ています。

 

色んな意味で注目度が高く、ネイサンの情報があまりないのは寂しかったけど、

癒された事は事実。

 

選手ではないけれども、真央ちゃんのサンクスツアーに行けたのも、思い出。

名古屋のラストと、千穐楽に行けたのは、僥倖というしかない。

 

2021-2022シーズンは、予定している試合が全部開催できますように。

 

シニアが優先されがちですが、ジュニアだってシニアにあがる前の大切な時期であるには違いないので、ジュニアだからって安易に中止にしないで欲しい。

ワクチン接種対象外になる国もあるから、微妙なんでしょうけれども。

 

7/1には強化選手が貼り付けられているはず。

また、ゆっくりと見て、妄想しましょう。

 

あ、ネイサンのサンバレーも7/3にありますね!!

どこかの動画で出てきますように・・・・

ネイサンが、きっと今年のプロを滑ってくれるよね!!

 

期待しています。

 

     f:id:akochanm:20210402185418p:plain

それでは皆様、今年もよろしくお付き合いくださいませ。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村