とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

もういくつ寝るとスケアメ~♬

久々のネイサン!

(っても少しはあったけどね)

アメリカのオリパラ委員会が、北京で活躍が見込まれる選手たちの

記者会見(オンライン)を開催したそうです。

 

www3.nhk.or.jp

チェン選手は10月、アメリカで行われるグランプリシリーズの初戦に出場する予定で、オリンピックシーズンに向けて「とてもワクワクしている。初戦は新しいプログラムを披露する絶好の機会になる。できる準備はすべて行っている」と意気込みを話しました。

私たちもワクワクしています!!

今、ワクワクを通り越して、心臓がバクバクしています!!

チェン選手は、母親が北京の出身だということで「今も北京には多くの親族がいる。つながりがある場所でオリンピックに出場することは、私にとって本当に大きな意味がある」と話していました。

ですよねぇ!!

家族はやはり、現地入りできないのかな?

でも、私なぞ、過去の冷戦時代の後遺症で、

「一度中国に入ったら、二度と出てこれないかも・・・・!!」

と思ってしまって、それもどうなんだろう、と思う次第です。

 

チェン選手は、前回のピョンチャン大会では男子シングルで5位に終わっていて、当時を振り返ったうえで「あのころは試合に向けて多くのルーティーンがあり、オリンピックではすべてやって臨んだがうまくいかなかった。そうした経験から、今はすべてのルーティーンをやめた」と述べました。

なるほど。知らなかった!!

緊張を乗り越えるためのものが、枷になっていたのですね。

それよりも、プレッシャー(スポンサーとか)が大きかった気がする。

 

 

そのうえで「近い将来、私はスケートから一歩離れることになるので、残り限られた大会をできるかぎり楽しみたい」と今シーズンにかける強い思いを話していました。

うぇええん!!(´;ω;`)

近い将来!近い将来!!

それって来年??再来年?

 

たぶん来年でしょう。

北京で終わるのかなぁ。

現役ってことだよね。

アイスショーには来てくれるんだよね??

 

それよりも何よりも。

今シーズン、残り少ない大会数だけど、ネイサンが思い切り楽しめますように!

 

解ってはいたけど、こうやってネイサンの口から改めてはっきり言われると

胸に突き刺さるというか、しみじみと寂しさが広がるというか・・・

 

本当にいつもどおりだったら、大丈夫だと思うのだけれど、

いつもどおりだったら、満足できないよね?

 

これ以上できない!というくらいの、ネイサンを見せて欲しいし、

そういう演技ができる事を祈っている。

 

そして満足して、次の道に進んでほしい。

 

スポーツというのは、一生関われる人とそうでない人がいる。

指導者だったり、プロだったり振付師だったり、という道もあるが、

それ以外進んでいけない、という事もないし、むしろ関われる人の方が少ない。

 

だからといってネイサンが、心からスケートに満足して次の道に進むのは

素晴らしい事。

 

でも、その近い将来は、ファンにとって辛い事であるには違いないので、

今年のネイサンをしっかり味わい尽くしたい。

 

スケアメに行かれる方、ネイサンの応援もお願いいたします。

 

私は、自宅PCアリーナで応援します。

 

 

          f:id:akochanm:20211013214050p:plain

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村