とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

おしえて!イチロー先生、真央先生!!

 いや、イチローの頭の良さときたら!

 

子供から大人まで、先生となって疑問に答えています。

 

子供の疑問に、おもねるわけでもなく、飾らず、率直に

納得感のあるお応えをしている。

 

等身大のイチローを見せてくれている。

 

f:id:akochanm:20200625213339p:plain

  教室のいたるところに、「イチロー」と(笑)

 


その中で、私の気になったのが、イチロー先生が

「これは私の夢だ、僕の夢だ、というのを持っている人」という質問に

ひとりの生徒が、

「お寿司屋さんを開きたいけど、どう思いますか?」

といった質問を投げかけました。

彼はお寿司が大好きだから、職業にしたい、という事でした。

 

www.smbcnikko.co.jp

 

そこでイチロー先生は、自身の経験からコメントを出される。

「お寿司が大好きだったのが、自分の仕事になると、大変な事がほとんどで、

楽しめなくなる」と。そして

「僕は野球をプロとしてやってきたけど、小中学校の時にやっていたものとは違って、

そういう楽しさはゼロだった」と

 

重みがあります。

プロとなったら、責任が発生するので、ノンプロの時と同じような好きではいられない、という事ですね。

 

ここで、私は引退会見の時の真央ちゃんを思い出しました。

本人は、あからさまには言わないけれども、彼女はプロではなかったけれども、

日本代表として、そして多くのスポンサーを抱えて、責任は並みのプロよりもものすごいものがあったでしょう。

 

スケートが好きで始めたのに、だんだんと楽しめなくなってしまった。

でもその重圧をはねのけて、成績を収めたときの喜びは、代えがたいものがあったでしょうけれど、純粋には楽しめていなかったと思う。

 

 

f:id:akochanm:20200626105752p:plain


引退した今。

興行的には、責任がかかるけど、よい成績を収めなくてはならないという恐ろしいプレッシャーに比べたら、楽しめていると信じたい。

 

愛知が産んだ、素晴らしいアスリート二人。

その二人が違う競技でも同じ苦しみを持っていたのか、と思うと、

楽しいイチロー先生の授業に、思わず涙してしまいました。

 

でも今は二人とも、明るく語っている。

突き抜けています。

そして強い。

この修羅場を乗り越えてきた二人だからです。

 

イチロー先生。

もっといろいろ語ってほしい。

お話しがとても上手。

皆さん、是非動画を見てくださいね。

 

真央ちゃんも語ってほしいな。

きっとためになる事がいっぱいあると思う。

でも言語化するのって難しい事がいっぱいだったと思う。

誰かと一緒なら・・・・

そうだ、イチロー先生となら!

 

二人で一緒に登壇すると、とても素敵な授業になると思う。

 

いつか実現しますように!!

 

 

f:id:akochanm:20200626110107p:plain

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村