とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

東京がダメなら北京もダメだなんて・・・・

もう、飽きた、というくらい「このコロナ禍で.....」などとつぶやいている。

 

緊急事態宣言は解除されたが、状況はますます逼迫する一方だ。

 

しかし、このウィルスの件、

誰に怒るわけでもなく、誰に怒れるものでもない。

 

しかし、アメリカのように「マスクをしない自由」というのは意味がわかりませんね。

 

マスクをしたくない気持ちはわかる。

でも、しなかった人にコロナを移されたら、そういっていられるのか。

重症患者がそんな事言っている事は聞いたことがない。

たしかにしてても、しなくても罹るかもしれないが、

これはもはや公衆マナーだとは思わないのだろうか。

 

自分の身内が苦しんでいる姿を見たら、きっとそんな事も言わないだろうが、

まだまだ対岸の火事なのだろう。

 

しかし、マスクを覆面替わりにして、強盗騒ぎもあるものだから、

どうにもこうにも、やりきれないものだ。

 

 

 

そうこうしているうちに、JGPSは中止に。

このままだとGPSも中止。

ワクチンができなければ、ワールドも怪しい。

そして東京五輪もそして北京も・・・・

 

www.yomiuri.co.jp

 

なんで中止?

パリもその次もみんなずらせばいいじゃん?(それも難しいのかな)

悪いけど。

北京がダメだったら、パリだってきっと無理。

ISOもアジアだからって簡単にそんな結論出さないで。

 

無観客ってのはあり得ないと言っているのだろうけど、

もう、観客をたくさん入れるっていう大会が、今後開ける可能性が

現時点であるのか、ないのか。

今後一切観客を入れて、競技ができない可能性があるとしたら。

共存していくしかないと思う。

 

そうしたら。

ISUも、ISOも一番の主役のアスリートの事を考えてほしい。

確かに観客の応援によるところは大きいですが、

試合がない、というのが一番大変だと思う。

何をモチベーションに練習していったらいいのか。

 

延期、延期では何も解決しない。

ワクチンができる頼みなのか。

 

そうしたら新しい試みを考えていくべきではないですか?

観客と選手そしてコロナが共存できる世界を。

 

どちらにせよ、今後も世界は変わっていく。

コロナがなくなっても、インフルエンザはなくならないし、

天災だって起こりうる。

 

もっと柔軟に考えてほしい。

 

東京がダメなら北京もダメっていう可能性もある、というIOC委員

風上にもおけん。

もっと考えてから発言しろ。

コメントしただけ、ということが尾ひれがついていくことくらい

知っているだろう。

 

それを見た選手たちがどんな気持ちになるか。

 

 その選手を応援している私たちがどういう気持ちになるか。

 

オリンピックも、一度どういう形で開催するのが、本来の意義か。

考え直す時期がきた。

 

 【今日の独り言】

どうせ、パリはやるんだろう。

東京と北京を犠牲にしてもさ。

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村