とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

アスリートは自分のために競技に向き合って欲しい

 

あれから10年。

 

早いのか、ずいぶんと経ったのか。

 

今日は、東日本の震災とは切っても切れない羽生さんが

テレビにバンバン映し出されていた。

 

ソチの時から羽生さんは、東北の震災について心を痛めているという

発言が多かった。

自分も被災しているから。

 

確かに羽生さんの活躍に、勇気づけられている人は多い。

 

でも私はちょっとだけ、違うと思うのだ。

 

アスリートは、他の人のために競技をやっていてはいけない、と。

 

好きだからやってほしい。

ファンとしては嬉しくない訳ではないだろうが、そこまで心を痛められると

見てる側も辛くならないだろうか。

 

テレビの編集のせいなのか、平昌も震災の事が、心にあったという事がアナウンサーによって語られていた。

 

本当にそうだったのか?

ソチは震災後、結構早い時期だったので、羽生さんの心を大きく占めていたかもしれないが、平昌はどうだろう。

 

だって「負けるのであれば、棄権しようと思っていた」と言ってたから。

勝たないと東北の人のためにならないのか、

それとも棄権することが、東北の人のためになることだったのか。

 

私にはよくわからない。

 

あんなに「勝ち」にこだわる彼が。

「負けは死も同然」と言い切る彼が。

 

私は羽生さんはそんな事考えず、スケートに向き合ってくれるといいと思っている。

 もちろん羽生さんだけでなく、他のアスリートも同じだ。

 

自分のために勝ちを目指すべきだと思う。

 

私もネイサンが「ファンのために金メダルを」とか言ったら、

「え~マジで?勘弁して」と思う。

(もちろんご両親のためなら、いいのだが)

 

自分が好きで、勝ちたくて、自分の納得のいく演技ができて、ネイサンが満足してくれることを願っている。

その喜びが、私たちファンの力になっているのだから。

勝手におこぼれをもらっているだけなのだから。

 

良くも悪くもアスリートはある程度、「自己中」な部分がないといけないのではないかと思う。

そんな競技上で博愛精神を出してたら、勝つものも勝てない。

 

なので、羽生さんの過度はパフォーマンスには、眉をひそめてしまうのだ。

正直、現役のフィギュアスケーターの中でも羽生さんの「勝ち」に対する執着心は、

世界一ではないかと思っている。

ちょいちょいはみ出しているよ。

アスリートはそれでいいし、そうでなくちゃ。

 

まぁ、マスコミがキリトリして、編集している可能性もあるけど、「らしい」ことを言っているから、切り取られちゃうんですよね。

 

もっと自分のために。

 

それが10年目に感じた、私の個人的な意見です。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村