とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

THE ICE 名古屋観戦記(OP・名古屋一日目のダンスバトル編)

こんばんは。

長かったような、短かったような、散々ブログでも妄想想像していた、

THE ICE 名古屋で終了しました。

 

本日を含め、3公演観てきましたので、

大阪、新潟、名古屋通算9公演のうち6公演を観ることができました。

 

特に名古屋は楽が入っているので、自分の思い入れと情報がいっぱいありすぎて、

どうやって自分でも整理したらいいのか、困惑しております。

 

とはいえ、自分の覚えにもなりますので、頑張って

名古屋のOPの感想から行きたいと思います。

 

名古屋公演の観戦記は、ランダムに行くこととします。

 

全体的に、疲れていた・・・?

と言った感じです。

当たり前です。地元の私もクタクタです。

ましてや移動で大変だったスケーターの疲労はいかばかりか。

 

ここ一週間、名古屋の周辺都市(岐阜、美濃加茂、豊田など)

日本の最高気温を記録しているところが続き、うだるばかり。

 

モリコロも暑いのですが、今回の武田テバオーシャンアリーナは、その名の通り

海に近い。

夏暑くて、冬寒い、しかも風が潮っぽい。

気持ち悪いことこの上ない場所です。

いつも涼しいアイスリンクにいる選手にとって、リンクの中ですら

団扇がいる状態とは!

 

名古屋のオープニングまとめ

 

という事で、大阪が元気100%だったとしたら、初回は新潟の貯金があったので

80%くらい???

今日は楽にもかかわらず、元気70%くらいだったのでしょうか。

 

昌磨とおザギの最初の軽いペアプロではあまり感じませんでしたが、

その後のネイサンと梨花ちゃんのところでは、名古屋の初日と楽では

ネイサンが省エネになっていた・・・・!

(梨花ちゃんはあまり変化が見えませんでしたが)

動くところは、動く。

休むところは、休むって言う感じに見えましたね。

 

心なしか、ポンさんとマライアちゃんのリフトもちょっと

危なげ・・・

とはいいつつも、大勢のスケーターが段々でてくると、

もう何がなんだかまたまたわからなくなり、ネイサン見てたと思ったら、

ヴィンスだったり。

 

そんな中、いつも安定運転だったのが、昌磨先生だった気がします。

選手の名前がコールされて、一人一人挨拶している中、昌磨が段々と

マイペースになっていく様が見て取れます。

 

楽の今日なぞは、名前のコールの際、いつもの安定のお手振りではなく、

スケバンザギの真似なのか、ヤンキー座りでスポットライトを当てられていました。

 

第一部 演技開始

次世代スケーターの登場があるのは、THE ICEのよいところ。

その昔、昌磨もかわいらしい時、出てました。

 

今回は、中京大中京高校の浦松千聖さんがトゥーランドット

グランプリ東海の松生理乃さんが(曲名がわからない)滑りました。

楽は、大阪と同じで、本田家の沙来ちゃんでした。

 

 

非難するわけではないのですが、次世代スケーターって、

地元の子が選ばれていたので、公演ごとに変わっていたような気がします。

(間違っていたらすいません)

 

大阪が沙来ちゃんなのはわかりますが、新潟、名古屋も沙来ちゃんで

ある必要があったのでしょうか。

 

それとも、他のスケーターに当たったけど、ダメだったのでしょうか。

次世代のスケーターに、人前で滑る度胸をつけるための経験をさせるためと

理解していたので、ちょっと「???」でした。

 

激闘!ダンスバトル  ~ネイサンとヴィンスの闘い~

 

    ç»å

大阪、新潟を勝ち進んできたツワモノたち。

 

8/3 名古屋昼公演では、ここが関が原。

ダンスバトルの勝敗の傾向がここでハッキリする

ネイサン・チェンVS ヴィンセント・ジョウ

初戦の戦いは、ヴィンスがセーラー服で度肝を抜き、

ネイサンは、ジャックスパロウ改めジャスミンのダンスで勝ち進んできました。

 

さて、今回はどんなコスプレダンスが出てくるのか。

まずは、審判長の登場です。

 

f:id:akochanm:20190805001956p:plain

なんと昌磨はエヴァンゲリオンの綾波レイ

真凛ちゃんは、デカの昨年のエキシのアニメ

ジョジョの奇妙な冒険の東方仗助、だそうです。

 

有名なんで、名前だけ聞いたことあるけど、読んだことも見た事もないです。

すいません。

妹がエヴァ好きなんで、綾波レイだけ、イラストで見た事あるくらいです。

 

でも、出てきたとき、会場が騒然となりました。

大阪ではいかにも「ドンキで買って来たばかりです」と

ペラペラの衣装に折り目がつき、すそは長いまま。

 

対して、名古屋の衣装がグレードが違います。

あつらえたように、ぴったり。

聞いてみると自前とのこと。

宇野家のご両親が大須で購入してきたものだそうです。

 

たぶん新潟公演で、真凛ちゃんが、

「最終公演では、お友達の宇野昌子ちゃんが遊びに来てくれます」

と言ったので、ご両親が「すわ、一大事」と

大須に駆けつけたに違いありません。

おりしも名古屋は コスプレフェスで盛り上がっている最中。

無事にゲットできたのでしょう。

 

話は戻りまして、ヴィンスとネイサンです。

まずはヴィンスの登場です。

           

             f:id:akochanm:20190805091414j:plain

  びっくりです。

リンクインの時の歓声がすごかったです。

 

    f:id:akochanm:20190805003956p:plain

    小松原美里さんのIGSより
     あまり良くわかりません・・・

 

   

   f:id:akochanm:20190805091519p:plain

   ポンさんのISGより

  これも良くわかりません・・・(笑)

ネイサン談によると ヴィンスが美しい女性に扮したので、自分はかっこいい男に、と。

どなたかが呟いていてそうか!と思ったのですが、ネイサンはこれまでの

トーナメントに負けた人の衣装を組み合わせて出たのですね。

ズボンがボンタンやん!と思ったら、樋渡君のアラジンなんですね。

 

ダンス的には静と動。

ヴィンスはこのとおり足上げさえままならない状態。

扇を使って、優雅に舞い始めます(笑)

ネイサンはブレイクダンス風なダンスを繰り広げますが、

いや、あーた、普通のプロを滑れば勝ちだよ、と思っていても

いまいち動きがよろしくない。

対してヴィンスは傘を差しながら、優雅にスパイラル。

会場は「お~」との歓声が広がります。

 

        f:id:akochanm:20190805202741p:plain

     小松原美里さんIGSより

 

ここで、ネイサンが一生懸命動いても、静のヴィンスに対して分の悪い雰囲気。

 

拍手を持って勝者を決めるこの対決において、宇野審判長はどういう判断を下すのか???

 

おっと、その前にMCハマーのようなネイサンが、また昌磨審判長にワイロを渡した

ようです。昌磨審判長はそれをポケットに入れたしぐさをしました。

ワイロ成立か???

(後談: 他に見ていた人からの情報によると、昌磨審判長は、そのワイロは

ポケットから出したという事です。さすが!!)

 

拍手の際、ネイサンは会場中を回って、お客さんに拍手を煽る。

ヴィンスは、静かに深々と礼をして、みんなにアピール。

これが受けたのか、形勢はややヴィンスか?

昌磨審判長は副審判長に相談の上、再度オーディエンスに拍手のやり直しを要求

「自分がよりよい、と思う方に、拍手を」

ねぎらいの拍手は混乱を招くと、いうことですね(笑)

観客が、再度拍手をしたあと、昌磨審判長が、二人の手をとり、

勝者を決定しようとしますが、ヴィンスは相変わらず

傘とバックを持ったまま離さないので、手を取る事ができません。

でもそこは昌磨審判長。落ち着いたもので、そっと、ヴィンスの傘を手から取り、

そしてさらに、そっと傘を氷の上に置いたうえで、軍配をヴィンスにあげました!!

 

ヴィンスは、まさかじぶんが!という風情で、口に手を当てて、驚いていました。

(そんなかっこで出てきてそれはないだろ笑)

 

ネイサンは悔しがっていましたが、そのあと、審判団がすでにリンクを離れたあと、

誰も片付けていない、ボールの入っていた籠などを回収して退場しました。

(いいやつだな!おい)

 

こうして私が予想した、ネイサンvsザギちゃん対決はあっけなく塵となって消えました。

ヴィンスの女装にますます磨きがかかったのを見て

「もはやダンスバトルではない」という確信を強めたのは、言うまでもありません。

 

注)ネイサンのダンスバトルの際、マライアちゃんとザギちゃんが、リンクの端で、

ひっそりとしゃがんで見てました。

マライアちゃんとポンさんはスマホで撮影しておりました。

私が双眼鏡で確認済みです(ダンスバトルを見なさいwww)

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村