とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

浅田真央の光と影【サンクスツアー愛知公演に寄せて】

サンクスツアー愛知公演、終了しました。

 

幾度となく流される、引退会見にはいつも深い悲しみを感じますが、

もう、来月でこのツアーが終わってしまう、ということに、引退時期より

先の見えない悲しみを感じます。

 

地元愛知での公演では、メンバー全員のスケーティングスキルの向上が

著しいと感じました。

 

当初1年のの予定のツアーがが、3年も続いたのだな、と感慨深いの物がありました。

 

みな、なぜ浅田真央に魅了されるのか。

 

屈託のない、清らかな笑顔か。

エアリーなスケーティングなのか。

見た目とは真逆な武士のようなアスリート魂なのか。

 

今日、感じたのは、彼女の笑顔が、とても大きな悲しみと

とてつもない努力と涙と汗の結晶の上にあるということ。

 

だから彼女の笑顔には、涙が出るし、笑顔も出る。

 

彼女の笑顔には、単純に笑えるから笑うという感情ではなく、

人がこの世で味わう喜びと悲しみが透けて見えるから。

 

それが彼女を愛おしく、そして尊敬の象徴とする理由となっているのだ、と。

 

最後の「愛は翼に乗って」では、お恥ずかしい話だが

私は「泣く」というレベルではなく、軽い「嗚咽」を漏らしてしまった。

 

彼女のとてつもない努力の上にある笑顔に、改めて心を動かされた。

彼女は私たちに光を届けるために、心に深い影を負っている。

(と思う)

 

なんてすごい選手だったのだろう。

 

 

サンクスツアーは、ファンに感謝を伝えるツアーと言っているが、

私たちは違う。

 

ファンが彼女にもう一度、「ありがとう」と伝えるツアーだ。

 

f:id:akochanm:20210321233828p:plain

記憶にあるこのショーの最後のジャンプはアクセルだったと思う。

 

彼女は笑顔で着氷した。

 

そうして、また私たちは心を動かされたのだ。

 

ありがとう。

感謝してもしきれないほどの感動をありがとう。

 

 

まだ心が落ち着かず、思いつくまま、ここに記します。

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村