とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

引退とその後

本郷理華選手が引退を表明しました。

とても華やかで、ダイナミックなスケートの選手でした。

 

        f:id:akochanm:20210617084807p:plain

 

          リバダン、素敵だった。

 

 

彼女もスケート人生も、かなり浮き沈みがあったように思う。

 

リンクが閉鎖されて、名古屋へ

長久保先生に従事して、シニアデビュー。

2014-2015シーズン

ロステレ杯で初優勝。

全日本で準優勝

四大陸で銅メダル。

2015-2016シーズン

中国杯で銀メダル

四大陸で銅メダル

 

その後、世界の主要大会では台乗りは難しくなってきていたところだった。

大きいのは、たぶん長久保先生が、コーチを辞められたからではないかと思う。

もちろん邦和のコーチの先生たちが悪いというのではない。

彼女が、シニアで活躍できたのは、長久保先生とのタッグで、そのバランスがうまくいっていたからではないかと思う。

鈴木明子さんも草太も、長久保先生とのタッグがうまく言っていたからだと思う。

 

ジュニアの頃から知っていたが、少々姿勢に難があるので、どうなるだろうと思っていたが、さすが長久保先生である、と感じた。

 

かのクリケットも、羽生さんとハビが活躍しているから、

「あそこへ行けばうまくなる」と思ったのか、入会者続出で順番まちだったらしいし。

でもメドちゃんも行ったけど、帰ってきたし、ナムくんも途中で移籍した。

 

こんなにジャンプなど、理論的に研究されているご時世であっても、

やはり人と人の結びつきが、重要なのだ、と強く気づかされる。

 

そしてタイミング、というものもある。

 

体操の白井くんが引退した。

リオでは金メダルだったし、若いので東京五輪までは、と思っていたが、

そうはいかなかった。

相次ぐ怪我などで、大会に出場できず、主力から外れていった。

 

私も東京五輪では、白井くんが中心となって日本の体操メンバーを

盛り上げていく、と思っていたのだが、たった4年でこんなに人生が変わってしまう。

 

怪我というのは、いつ怪我をして、いつ治るかで大きく人生が変わる。

何度もいうようだが、ネイサンと草太がいい例だ。

 

白井くんは、「もう未練はない」ときっぱりしていたが、昨年などは

「五輪なんてなくなればいい」とまで思っていたそうだから、

この境地に行くまで、相当辛い事があったろう。

 

news.yahoo.co.jp

 

東京五輪という大きな節目を目の前に、このような決断を下したのは、

開催が後押しになったのかもしれないが、白井くんはもう次の道に進み始めているので、本当に良かった。

 

本郷理華さんが、どの道に行くかはわからない。

プロスケーターという人もいるが、あれもそんなに簡単なものではないと思う。

 

願わくば、この後の彼女の人生が、これまで努力してきたものが報われるようなものであるといい、と思わずにはいられない。

 

小さいころから、一つの事にがむしゃらにやってきて、それが無くなった時の喪失感と

これから自分が何をしたらいいのか、わからない無力感。

 

一生懸命頑張ってきたのに、そこで崩れていく人もいる。

 

そして、また、「引退」と聞くと真央ちゃんの引退と、来るべきネイサンの「引退」を思ってしまう。

「引退」というものは、本当に心構えが必要だ。

選手にとっても、ファンにとっても。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村