とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

いっそ、課題曲にしようぜ。(被ったプログラム使用曲について)

NHK杯が終わって、無事ファイナル進出者が決まりましたね。

男子は、割と国がバラけてバランスはいいけど、昌磨がいないのが寂しい。

せめてもの、ボーヤンが出れるようになってうれしい。

 

さて。NHKが終わって感じたこと。

 

 

毎年、プログラムの選曲には流行りがあるとはいえ。

ひとつの大会で重なるのは大変珍しい。

そして。

ミュージカルや、映画音楽なら、どの部分を取るか、というので

割と印象がばらけるのですが、今年はGPSでなんか目立ちましたね。

地上波だけ見てるとわからないかもしれませんが、ライスト見てると、結構

「おお、これ、また!」って感じだった。

 

ブルース・フォー・クルック

特にこれ、かの高橋大輔選手が難しい曲に挑戦しているなーと思って

かなり感動した作品。

f:id:akochanm:20191126144955p:plain

 

 これを滑っていたのは・・・・

ロステレコム杯

ナム・ニューエン(SP)

アレキサンドル・サマリン(FS)

ウラジミール・リトヴィンツェフ(FS)

 

TLでは、「ブルース祭り」と言われてた。

今はヴォーカルも認められて、かなり色んな曲が選ばれているけど、

2011年シーズンで選んでたのには、かなりチャレンジングだったように思える。

 

 

 シンドラーのリスト

そしてもうひとつ、目立っていたのは、「シンドラーのリスト」

今でも思い出すのは、ソチオリンピックのユリア・リプニツカヤ

f:id:akochanm:20191126144820p:plain

これを滑っていたのは・・・ 

NHK杯

ジェイソン・ブラウン(FS)

ロマン・サドフスキー(FS)

アントン・シュレポフ(FS)

中国杯

宮原知子(FS)

 

あとは、もっといるかもしれませんが、私の見た限りではこれだけでした。

他でも見かけたらすみません。

 

みんなそれぞれ、でしたが、個人的な好みで言えば、

シンドラーは、リプちゃんのが好きかもしれない。

映画のイメージを体現していた。

 

リプちゃんは、赤い服の女の子を演じる事で、テーマを俯瞰してみることが

できたけど、そのものをダイレクトに扱うには、民族的な問題が絡むので

取扱が難しい(さっとんのダビデの星も問題になったしね)

 

しかし、同じ曲で同じ大会でこれだけ被るのは珍しい。

かつてオペラ座が流行っていた時ありましたけど、ひとつの大会で

これだけ被るのは珍しい。

 

でも面白かった。

選手によって色々表現があるのだな、と。

 

これを見て思いましたよ。

 

「課題曲」を設定するのは、どうでしょう。

 

フィギュアを技術と芸術点で分けようとかなんとか、問題になってたよね。

あれは、スポーツとしてはどうなの、って感じになるので、反対です。

私としては、コンパルソリを復活してほしいところ。

今でも技術がどーだ、スケーティングがどーだと意見が割れるから、

スケーティングの技術点は眼に見える形で点数にしてもらおう。

しかし、地味だから、たぶん面白くないんだろうね。ビジュアル的にも。

 

でも真央ちゃんのチェロスィートもあるし、あんな感じで曲をつけて

コンパルソリの与えられたステップ、スピン、エッジワークを見るってのも一興だと

思う(←時間がかかるって)

それでもだめなら、どうですか。

 

課題曲を決めて、みんなそれを滑る。

構成もみんな同じにする(順序は入替可能)

ジャンプはみんな同じ。ステップとスピンは難度は自由として。

(たとえば ルッツが課題になったら、転ぼうが何しようが、入れる。

但し、三回転か四回転かは選んでよし)

 

上手い下手がよくわかりますよ~。

これで文句ないでしょう?

 

バレエのコンクールだって、課題曲があるんですもの。

あ、もちろんフリーは好きなのをやってもらっていいですよ。

同じものを滑ると色々明らかになるよね。

表現のオリジナリティとか、世界観とか、技術とか。

 

まぁ、それでも文句言う人は言いますね。

そもそも文句を言う権限があるのかないのか、わかりませんけれども。

 

なんで、こんな提案をしなくちゃいけないかというと、

方々で、今年の試合のジャッジに文句言ってる方々いますね。

私も不満だらけですよ。

言いたいよ。

フランス杯ひどかった。

 

でも、私たちがどうこう言えるものでない。

ましてやそれを影響力のある現役選手が発言したり、ファンが投書したりするのは違うというものです。

 

何度でも言う。

自国の連盟がそれをやれ。

そして、きちんとテーブルの上で話し合ってください。

 

多数決の原理で、物を動かしてばかりいると、

本質からずれる可能性があります。

 

柔道がいい例ですよ。

柔道から、JUDOになってしまった。

これは、世界中で柔道人口が増え、日本の「道」の論理が通らなくなってしまったから。

 

民主主義ですから、多数決はあたりまえと思っているかもしれませんが、

民衆の多数決がすべて正しいわけでもない。

もちろん正しいケースもあります。

 

ナチスや文革のようにならないように、思慮深くいきたいものですね。

 

でも、課題曲、おもしろいと思いませんか???

 

昌磨がネメシス

ネイサンがグレスピ (←主旨が違う。それじゃチェンジじゃん。)

 

一度見てみたいなぁ(笑)

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村