とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

アスリートファーストはどこに?(ISUルール改定を延期?)

いい加減にせーよ。

何がしたいのだ??

 

なんとこの間、ジャンプの基礎点を変える、という改定を延期する、と

ISUが発表しました!!

 

https://isu.org/inside-isu/isu-communications/communications/24380-isu-communication-2332/file

 

4. ISUフィギュアスケート選手権2021 –最小合計要素スコア
理事会は、参加に必要な要素の最小合計スコアを維持することを決定しました
2021 ISUフィギュアスケート選手権で、2019/20シーズンの大会で獲得し、
2020/21シーズンに2020選手権に承認された。
Covid-19の状況に関するメモ:
Covid-19のパンデミックにより、延長された数の大会がキャンセルされた場合
2020年秋、評議会は最小合計要素スコアに関する状況を再度見直します

 

そしてこれは2シーズンは有効とISU副会長がコメントしております。

 

www.sports.ru

Alexander Lakernik:「フィギュアスケートの現在のルールは少なくとも2シーズン有効です」

国際スケート連合(ISU)は、2022年のオリンピックまでフィギュアスケートのルールを修正しない可能性が高いです。

これは、ISUのアレクサンドルレイカーニック副社長によって発表されました。

「現在のルールの期間については、少なくとも2シーズン分だと思います。オリンピック年には、通常、変更は行われません」とLakernikは言いました。

 

そしてロシアスケ連ゴルシコフのおっちゃんも・・・・

 

www.sports.ru

アレクサンドルゴルシコフ:「オリンピックの2年未満の前に、大幅な変更を加えることは完全に間違っている」

ロシアフィギュアスケート連盟(FFKR)のアレクサンドルゴルシコフ大統領は、国際スケート連盟(ISU)が要素の以前の基本コストを返還するという決定についてコメントしました。 

「これは完全かつ排他的に正しい決定です。オリンピックまであと2年もない状況で、抜本的な変化を起こすのは完全に間違っています。
 
そして最も重要なのは、アスリートがトレーニングを始めたばかりで、他のどこかでまだスタートしていないことです。シーズンが始まり、新しい要件に適応する必要があります。

意味?ISU評議会とシングルスとペアスケートの技術委員会が正しい判断を下しました」とGorshkov氏は語った。 

ISUは5月に採用された変更をキャンセルし、要素の以前の基本コストを返しました

 

あったり前じゃん!

ゴルシコフはあまり好きではないが、言っている事は至極まとも。

たとえ、自国の選手を守るだけを考えていたとしても。

 

オリンピックまであと2年しかない。

かつ、コロナ禍で練習もままならず、試合すら決まっていないのに決めたのは、

一体何が目的だった??

 

「あ、昨年までルッツが一番点数高かったけど、どうやらループの方が難しかったみたいなんで、来年からルッツとフリップ、ループはおんなじ点にするね。

え?今までルッツが一番難しかったって?

だって君たち、ループ跳ばないじゃん?難しいんでしょ?」

 

というライトな感覚で変えてきおった・・・

一部の選手からは、コメントが少しは出ていたが、主要選手からは出てきていなかったと思う。

 

そりゃそうだよね!

 

平昌後から変えるで、と事前に言っていたルール改定。

後半1.1倍のジャンプ加点を変えたり。演技時間を縮小したり。

それも、オリンピックが済んだ翌年だから、それも敢えて飲むだろうよ。

 

しかもねぇ。今年はさいたまワールド後も変えやがったし。(こら)

さらにその翌年も変えようっていうのだから、選手、コーチたちもあきれてものが言えなかったろうな・・・・

 

でも文句言いたかったと思うけど、このコロナ禍。

みんなそんな事を気にしているゆとりすらなかったはず。

 

たとえ大まけにまけて、ループが一番難しいジャンプだったとしよう。

正しい事は是正せねばならん。

しかし、それは今なのか?

みんなずっと思っていたよ。

ルッツが一番難しいので、加点が大きいと。

 

でも人には得手不得手があるので、ルッツのが好きな選手だっているよ。

だって、4tが一番点数が低いから簡単か、と言ったら、4Sを先に跳んでくる

選手だっていたものね。

 

それにみんな、挑戦するならより高い点数のものを入れた方が得、と思っていますよ。

4回転は体力を消耗する。

二本入れるなら、4tと4Lz入れた方が、4tと4S入れるより効率がいい、

と考える選手だっていたはずや。

 

あのネイサンですら。

4Loはお得感がない、と言ってたし。

3Aより4Lzが得意っていう選手だっている。

(トゥルソワ先輩だって・・・・・)

 

お行儀よく4t、4s、4Loの順に習得している選手もいますが、

そんな選手ばかりではない。

 

何が言いたいか、というと

価値観を大きく変える改定は、ギリギリに変えるんじゃねぇ。

しかも、「4Loのが難しいかも」みたいな感覚で変更するのは、

何ファーストで考えているのだ?

 

それよりもっとやることがあるだろう。

このコロナ禍で、選手が大変な思いをしている。

その中で、ISUが選手に対して、何かをサポートしている姿は

あまり感じられない。

 

確かに。

過去の動画をバンバン上げてくれているけど、それは選手目線でなく、

サポーター目線。

それも重要だけど、私たちサポーターが一番望んでいるのは、

選手がきちんと練習できて。

試合がきちんと行われて。

メンタルやモチベーションを安定させてあげてほしい。

 

私たちが試合を見たい、というのは二の次のはず。

 

このコロナで価値観が大きく変わる。

悪いところが増幅されていく。

 

ISUの拝金主義のお偉方よ。

今一度足元を見るがいい。

ガラスの床でないといいですね。

 

 

次回のオンライン会議は、7/6に開催されるそうです。

そろそろアサインも決めるのかな?

 

 

【今日の独り言】

でも、コロナの影響で延期、と言っておるが、早計だったとはコメントしておらん。

あくまで非を認めないのだな。←失礼、非ともおもっておらん。

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村